ひろゆきさんの動画で、「銀行に1000万以上預けてる人はそれ以上返してもらう保証がないから1000万で納めておきましょう」という動画を見たのですが、1億とか持っている人は関係なく預けてるのでしょうか?それとも

貯金 | YouTube1,163閲覧

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(7件)

1

決済用預金口座というものがあります。無利子ですが全額預金保険機構の 保障の対象となります。銀行の窓口で決済性預金口座にしたいと言うと 手続き後、今まで使っていた普通預金口座の通帳に決済用預金口座と スタンプまたは印字されます。 利子が高い時は1000万円で小分けに各銀行に預けるのもいいですが、 今の利子の状態を考えると無利子の決済用預金口座にまとめておいていた 方が楽です。 私の場合は、利子が高い金融機関には1000万円まで預け、残った 貯金は全部、決済用預金口座に預けております。

1人がナイス!しています

1

株を買う。商社株とかJRなら配当もあるし。 不動産、金に変えておく。 消費税導入で現金の価値は減っていくのでタンス預金しても今は意味なし

1人がナイス!しています

0

先ず、保証を受けないと言えけない状態というのは、銀行が倒産して出金が確実になせる状態ではなくなった場合です。 そんな状態になると思ってる人は1000万ずつ小分けにしていろんなところに預けるなどするでしょう。 でも、そうじゃない人は1億でも10億でも、同じ口座に入れてますよ。 なので、人によります。 それに、1000万以上口座においておかないと、1000万以上のかーどのしはらいとかができないから不便じゃん。 なので、生活等で支払いに使う口座には、それなりの金額をちゃんと入れてる人が多いと思いますよ。 生活レベルが高い人は、それが1000万を超えます。 やましいことがある人以外は、そんなに自宅に現金を置くようなことはしてないと思います。 現金よりもはるかに価値のある、宝石や、アンティークとうがあることはあると思いますけどね。 資産は、現金だけでなく、株や不動産など、いろんなものに変えていると思いますよ。

0

銀行が潰れた時に保証されないっていう話だけど 1億ある人は、潰れるのを察知して、なくなる前に移します。