ID非公開

2021/11/29 20:15

55回答

職場での言葉遣いについて、気になることがあります。 職場で上司にあたる人からの指示に"了解です"と返事をする同僚がいます。 ひとりとかではなく数人です。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(4件)

0

ダメだダメだダメだ。 かしこまりました、だろ。 了解したか?

ID非公開

質問者2021/11/30 0:07

職場内だしそんなかしこまった職場でもないからなし

0

https://news.mynavi.jp/article/20180216-585299/ 「了解しました」は丁寧語であって謙譲語ではありません。故に、同僚や目下の人に対して使う言葉であって、取引先や目上の人に使うのは失礼にあたります。 取引先や目上の人に対して「分かりました」という気持ちを表現するには、「承知しました」がふさわしい言葉とされています。これは、「承知する」という言葉が「わかる(了解する)」の謙譲語だからです。 以上HPからです。 ですが、日本語は時代と共に変化します。確信犯とか本来は違う意味みたいです。 「了解しました。」も目上の人に使っていいことになるかもしれません。 違和感があるなら「承知しました。」と言ってみては?

0

「了解です」など使うべきではありません。これは、常識的な敬語を使いたいけど使えない若者に広まっている言葉のようです。 その同僚のかたは若いかたか、若者ぶろうとしている人ではありませんか。考えにくいけど年配者とか高齢者? 言うのなら「了解しました(いたしました)」です。「承知しました(いたしました)」と同じ。 「了解です」が成立するなら「承知です」も成立することになる。でも「承知です」など、使っている人を見たことがない。 ただし「了解」については「承知」と違う事情もあります。それは「了解」だけで返事として認められているということです。無線でのやりとりなどで「了解!」などとある、アレです。しかしこれは、本来「了解しました」と言うべきところを省略しているので、ぞんざいな印象を与えます。気心知れた間柄ならいいけど。 しかしそれだと、無線などの「了解」はいわば感動詞のようなもので、「はい」や「いいえ」と同じ扱いになります。 そうすると今度は、それに「です」を付けることの適否が問題になる。「はいです」とか「いいえです」とは言わない。 言うのは、それらを名詞的に扱って「私の返事は『いいえ』です」のように言う場合です。 「わかりました」は正統な表現です。ただし言い方によっては無愛想に聞こえる。不承不承に受け入れる時など「わかりました」とひとこと言ってどこかに行ってしまうことが相場です。

0

社会人の男性に多く使われています。何が了解なのかわかりませんが、わかりましたの意味みたいですが、上司などに使う言葉ではないですよね。友達や同僚ならいいけど、、