ID非公開

2021/11/29 21:03

44回答

カメラの仕組みについて質問です。 カメラのレンズとセンサー間の距離は焦点距離になるよう設計されているそうですね。

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/11/30 9:58

焦点距離はカメラでも同じ意味でしたか。勘違いすみません。 レンズの一部を動かすことによって、焦点距離を変化させることもできるのですね。勉強になりました。 ありがとうございます!

ThanksImg質問者からのお礼コメント

カメラの仕組みって難しいですね。 それでも皆さんのおかげで少し理解に近づいた気がします。 ありがとうございました。

お礼日時:2021/12/1 19:19

その他の回答(3件)

0

カメラのレンズとセンサー間の距離は焦点距離?? 違いますよ!! 孫亜子としたら500㎜の望遠レンズはその距離・・ レンズとセンサー間の距離が500㎜・・50cmにもなっちゃうでしょ!! 超巨大カメラ!! そしてズームレンズだと??その距離が変わる?? そんなことできないよ

ID非公開

質問者2021/11/30 12:14

確かにそうですね。 主面をセンサーからなるべく遠ざけさせ、主面/センサー間の距離が焦点距離ぐらいになるよう設計しているのでしょうか?

3

そのとおりです。 焦点距離は無限遠に対してピントの合うレンズ主点から焦点までの距離なのでその距離のままでは近距離ではピントが合わなくなります。 そこで近距離にピントを合わせるときはレンズの主点を繰り出しています。 場合によってはレンズとカメラ側マウントの間に接写リング(中間リング)と呼ばれる円筒を追加してレンズの主点を更に繰り出すことで最短撮影距離を伸ばして撮影することもあります。(その場合は無限遠にはピントが合わなくなります) なお高いレンズはインナーフォーカスとリアフォーカスを採用して繰り出しの無い仕組みになっていることも多いです。

3人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/11/29 22:38

ご回答ありがとうございます。 主点を繰り出すというのは、レンズをセンサーから遠ざけるという意味でしょうか?

0

焦点距離の値は無限遠の時の数値を表示しています被写体が5mの所にある場合同じレンズでピントを合わせるためには焦点距離は長くなりますなのでレンズとセンサーの間をその分鏡胴を伸ばしています 学校で水は100度で沸騰するということが頭に入っている人がどんな状態でも100度で沸騰すると思っていること同じことを書いています 水は気圧が低いと100度にならなくても沸騰するし気圧が高いと0.2MPaで約120℃で沸騰します車の水温計を見て100度を超えているのはおかしいとクレームを付ける人がいるため温度表示をしなくなったと聞いています車の場合圧が掛かっているので100度を超えても不思議はありませんが頭が回らないのでしょうね それと同じように無限遠での焦点距離をこの数値以外ありえないと思っているあなたに問題があります被写体が手前に近づくとレンズとセンサーの間は無限遠の時より長くしないとピントは合いません、レンズで曲がる光の角度をそのままで無限遠からの光とある一点からのレンズに当たる光の図を書いてみれば理解できます https://menon.network/convex-lens-real-image/ ここでの図同じ図をりんごとレンズまでの距離を遠くして書いて見てくださいレンズと実像までの距離が近くなります カメラは鏡胴でその距離を調整してピントを合わせています https://poli-studio.com/2015/10/18/1402/ ここで赤い蝋燭の結像する位置は青い蝋燭よりレンズに近いですねこの蠟燭が無限遠に有れば結像する位置は焦点の位置になります 青い蝋燭がレンズの最短撮影距離にあるとしたらカメラのレンズは焦点と青いレンズが結像している位置までの長さの分動いてピントを合わせていることがわかります

ID非公開

質問者2021/11/29 22:22

カメラの世界では、焦点距離とはレンズから結像点までの距離のことを言うのですね。回答をいただいてから調べて初めて気づきました。物理の世界では、焦点と結像点ははっきりと分けて考えるので勘違いしていました。 それでは、こちらのサイトにあるような画像は間違いで、実際には結像点を考慮した空間設計になっているのですね。 https://logcamera.com/shoutenkyoritoha/ お示しのサイトの二つ目を見て、レンズをどの方向に動かしたらどうピントが合うかもイメージできました。また、このサイトの模式図では、結像点を意識した構造にちゃんとなっていますね。 ありがとうございました。