昔の女性の着物は男性より華やかだったのでしょうか? 時代劇を見ているとそのような印象があります。 史実もそうだったのでしょうか?それともヒロインを光らせる為の演出なのでしょうか?

ベストアンサー

0

ありがとうございます。 やはり明治初期ごろまでは女性も地味な着物だったんですね。 女性も男性と同じように茶、灰、黒に縞柄や格子柄などの着物が一般的だったんでしょうか。

その他の回答(4件)

1

明治初期の士族。 男性は質実剛健で地味な色の羽織袴を着ていました。明治後期になるとザンギリ頭になったようです。人によっては洋装も。 女性は身分にもよりますが、絹の刺繍が施されたもので元家老家身分くらいになるとかなり豪華で上品な着物を沢山持っていました。 これは戦前まで続きます。 田畑や山を沢山持っていたのでお金持ちだったのです。 一般武士の女性はお祝い事お正月用の絹の着物を数枚は持っていました。 普段は木綿の着物で留め袖、華美ではなく上品なものを着ていました。 勿論、お針はたしなみでしたから、よく洗い貼りして縫い直し、清潔なものを着ていました。裾が乱れるような着方はしませんでした。 この時代までは士族の家は三つ指をつくのが当たり前に育てられました。 大商人の家等は華美でお金にあかせて豪奢な着物を着ていたと推察されます。 また、貴族クラスになると鹿鳴館で踊る為のドレス等も持っていたことでしょう。

1人がナイス!しています

0

地味だと思います。 紅襦袢は遊女の印でしたし、お正月以外は派手な着物は着なかったと思いますよ。 汚したら着物は一旦解いて洗わないとだめですから。 洗い張りと仕立て直しになります。 昔も今もですが着物はひじや足首より上は 男には見せないようにしないといけないので。 舞妓さんが着物をたくし上げてあるいているのも要はパンチラみたいな感じですから。上流階級のお嬢様の格好を舞妓さんはしていますが、本当のお嬢様は赤襦袢は着ませんし、 着物をたくし上げてもその上に被布や羽織を着て隠していました。

0

倹約令で皆裏地に工夫をしていたようです。 表面の豪華さは庶民は控えるしかなかったので、 一見豪華に見える服は野暮と言われて馬鹿にしたようです。 裏地に派手な模様をしつけた着物や羽織を着ることを「粋」と言って好んだようです。 女性は普段は地味な着物を着ていて、大店の妻女でも地味にしていたようです。 芝居見物や花見などの行事にはあでやかに着飾ったようです。

0

各藩京都に出先を持っており、最新の反物を買い上げ国元へ送ってた。 特に大奥今なら一枚数千万する打ち掛けなんてざら。町人は贅沢禁止令が出テルが地味にして数千万の着物を着てた。下層階級は藍染柿渋、華やかな物なんて無理。