回答受付が終了しました

ID非公開

2021/11/30 0:07

1818回答

昔の電車はトイレで用を足すとそのまま線路に垂れ流していたと聞いたのですが本当なのでしょうか

4人が共感しています

回答(18件)

8

その当時列車を利用していた証人(私)が証言します。 本当です。「大」も「小」もストレートに線路に落ちます。 他の方のご回答にもありますが「停車中は使用しない」は、列車が発車したら「大」の場合はホームのすぐ下に「小山」となって残ります。 ホームからお客さんが見たら当然嫌な気持ちになります。 だから停車中に出来た「小山」は駅員さんなどが掃除する必要がありますが、駅員さんもそれはそれは嫌でしょう。 だからトイレの中には「停車中は使用しない」と張り紙がありました。 「小」の場合は何メートルか離れたらお客様が見ても分からないし、においも微々たるものになりますので、あまり悪影響はありません。 比較的早い速度で「大」が落ちると風圧などで粉粉になるので「うん」の悪い人に当たることがありました。だから走行中は使用可となっていました。

8人がナイス!しています

1

本当です。 昔、地方の小学校の修学旅行で使われていた団体旅行用の貸し切り列車では利用する小学校で「停車中は車両内のトイレを使わないように」という指導がありました。

1人がナイス!しています

2

あったわ。確か、東北本線の電車トイレで1回見た気がする。和式便器の穴から砂利見えたような。 確か、利用不可の区間があったと思います。大宮以南かな?

2人がナイス!しています

2

本当です。 なので橋の下や、高架下を歩くと、降ってくることがあり、また線路を見ると残骸が落ちていることもあります。

2人がナイス!しています