ID非公開

2021/11/30 17:42

55回答

短大を卒業し、高卒程度で市役所に合格した者です。

就職、転職 | 公務員試験173閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

基本は高卒の給与ですが、短大卒という学歴で加算されます。 地方公務員の給与は、国家公務員に準拠するように設定され、額は条例で決定されますが、加算方法同じです。 学歴、資格、年齢、経験、修学状況の中で、一番有利になるもので加算されます。短大卒の場合は、学歴で加算されることが一番有利です。 ちなみに、公務員の給料は俸給表で決められています。国家公務員行政職の場合、初任給は1級5号棒、大卒は1級25号棒です。高卒は1年勤務すると普通評価で4号棒昇給します。ですから、高卒は高評価をもらって5号昇給を続けないと、4年間では大卒初任給に追いつけません。

0

少なくとも国家公務員であれば、高卒級採用で短大卒で採用された人は、余分に2年勉強していた分は役所で働いていたのと同じに評価されて、初任給は高卒で入って3年目の同い年の人と(ほぼ)同じです。 地方公務員の場合は、その自治体の制度によりますから保証はできませんが、多くのところは国家公務員に右にならえですので、その場合は同様になります。 少なくとも、当然に高校出たての18歳の人と同じ、という回答はデタラメ。 なお、逆に短大卒で大卒級の試験に合格して採用された場合には、国家公務員やそれと同じ仕組みを取っている自治体では、大卒22歳の人と同じになります。

0

合格おめでとうございます。 高卒程度の採用枠で、短大卒と高卒の初任給を分けている自治体もあります。 ただ、それが質問者さんの自治体に該当するとは限らず、高校新卒の人と同じ可能性もあります。 最終的にはその自治体次第なので、事前に確認したければ人事担当に質問なさってください。