ID非公開

2021/11/30 20:25

22回答

労働契約書で実際の労働時間とかけ離れていて 10時間程割増した金額がが書かれ 社会保険の標準報酬月額の等級が5等級上がっています。 実際の労働時間は週換算で10時間少ないです。

補足

https://www.nenkin.go.jp/service/kounen/hokenryo/hoshu/20150515-02.html 調べたんですが随時改定はそもそも今の月額で計算されて変動がないから 低くてもずっと今の高い社保の金額だと言われました。実際は5万も少ないのに 正直泣きたいです生活できない…。

ベストアンサー

0

この返信は削除されました

その他の回答(1件)

0

ID非公開

2021/11/30 21:18

シフト制なら、そんなこともあります。 >社会保険の標準報酬月額の等級が5等級上がっています。 採用時給で設定するので、大きなずれになることはあり得ます。 >〇時間内という曖昧な表現 19時間以内なら、そもそも社保加入義務はありません。 27時間以内とか正社員の3/4未満なら、大規模事業所ではない場合、 社保加入にはなりません。 ○を書いてない時点で、質問に対しての答えは 得られないでしょうね。

この返信は削除されました