回答受付が終了しました

ギターでcコードだけで複数種類あると思うのですがそういったコードなどはどのように違うのでしょうか。また、どのように使い分ければいいのでしょうか。

回答(14件)

0

Cメジャー CEG ドミソ の和音です。転回型で ミソド ソドミ があります。ピアノですと左手五本の指でコードを弾きますから四和音が限界です。 ギターの場合 6本の弦があり、同時に6音を鳴らすことができますので コードが複数種類あるのではなく、Cメジャーが鳴る形が複数ある。 ドミソの音が出る位置を選んで組み合わせます。 コードチェンジがやりやすいように選びます。

1

からかう方もいるので「Cコードの押さえ方」と表現なさる方が良いと思います。 ・コピー曲ならば原曲ではどの押さえ方か ・一曲において前後のコードによりどの押さえ方がスムーズか ・どの押さえ方が曲の雰囲気に合っているか によると思われます。

1人がナイス!しています

0

コードの押さえ方を決める要素は 次以降のコードとの関係性で一定決まってくると思います 例えば C-ConBーAmーGーF というコード展開を見れば、多くのギタリストはオープンコードを選択することが多いと思われます。 また、トライトーンという音程さがあるんですけど、 そのトライトーンを解決する場合 トライトーン 1弦ー● 2弦●ー この音程がトライトーンなんですが、これを解決する場合、同じ1弦と2弦を使って「解決」することを選択する人が多いと思われますから 1弦●ー 2弦ー● と解決するようなコードを選択すると思います。 上記のトライトーン解決の実例を言うならば G7 ●ーー ーーー ーーー ーーー ー●ー ーー● から C ーーー ●ーー ーーー ー●ー ーー● ーーー と解決する選択を取ると思います。 あるいはコードと次のコードに共通音がある場合 「その共通音」を「変えない」ということも多いと思います。 これは例えば CとGの共通音は Cはドミソ Gはソシレ で、「ソ」が共通音になりますから Cのソが3弦解放なら Gも3弦解放のソを利用するという 「選択肢」があります この動きを考えてみましょう ●はC ▲はG ■は共通音のソ ●ーー▲ ▲●ーー ■ーーー ▲ー●ー _ー▲● ●ーー▲ ●と■を押さえるとC ▲と■を押さえるとG になります。(Cコードの6弦についての考え方は少々忘れてください) 単純にオープンコードを押さえれば良いのですが、各弦のポジションを意識してみてください! という話です。 例えば1弦と2弦を見ると ーーー ●ーー ↓ ーー● ーーー となっています。つまり、1弦は3Fの「ソ」の音しか選択肢がないので3Fだという考え方もできます。もちろん「7Fのシ」「10Fのレ」を選択することも可能ですし、時にはそういう動きをするのも面白いかもしれません。 で、2弦は1Fのドから解放の「シ」を選択していますが...アレレ? 3Fの「レ」も選択肢としていいんじゃね?...アレレ さて、どうしましょう?ギターのコードとはなんなんでしょうか? めでたしめでたし!

1

Cのコードはドミソ以外にはないですよ。

1人がナイス!しています

0

CはCで構成する音も同じなんだけど、音の重ね方が異なる。 サウンドも違うから、そのサウンドを知って、適用を考える。 色んなコード進行の中でどうであるかを音楽的に感じ取って 経験を重ねれば、見えて来るのだろうか? 曲、演りましょ、たくさん!