ID非公開

2021/12/2 13:13

44回答

簿記3級を勉強中です。 何度も問題集をやるのですが、毎回「ん?どういう事??」となる場所があります。

簿記 | 一般教養379閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(3件)

0

私も簿記3級の勉強中で来年に受験予定です。 今は第三問対策で財務諸表などの作成と格闘中です・・・。 私も同じ道を通りましたよ!! 初めは理解できるけどいざ問題解くと・・・(笑) でもですね、意外と勉強を進めていけば解けるものです。 例えば初めに勉強する仕訳ですが、初めは凄く難しく感じたと 思います。 でも第三問対策までくると、基本の仕訳など出来るように なっているし、というか基本の仕訳ができないと第三問対策は できないので「出来ないとダメ」なんですよ。 これは簿記の手続きの流れや会計期間を理解していれば解かると 思います。 ①取引などの仕訳②勘定長元帳③試算表(前T/B)④P/L・B/S⑤締め切り ↑ ざっくりですがこんな流れです。 仰る通りで暗記では解けません。 ご存じだと思いますが、勘定科目というのは取引や時期により 借方だったり貸方に変わります。 取引や仕訳の意味を理解しないと無理です。 勉強法としては参考書を隅々まで目を通すのは当然ですが ノートを一冊準備して、グラフや表などを自分で書いてみることです。 第二問と特に第三問対策になりますが、期首や期中・期末や金額など 沢山出てきます。 そうなると頭の中だけで理解しようとしても難しいので 与えられている時期と取引、金額など書き出すと良いと思います。 テキスト見て理解して問題解いて正解!!は厳しいでしょう。 やはり工夫が必要かなと思います。 今は第三問対策の勉強をしていますが、第二問対策の試算表なんか 忘れかけていますよ(悲) 簿記って考えるだけではなく問題を解かないと理解できないので どんどん進めることも大切だと思います。 とにかく取引や仕訳の意味を理解しないと難しいと思います。 お勉強頑張って下さいね!! 私も頑張るぞwwwww

0

たぶん問題練習回数が足らないせいでそれが定着しない原因では? あと間違えた問題は印をつけておいて次に解く時には印が付いている問題だけを選んで解いていくと効率がいいですよ。