少年犯罪の加害者は、どのような過程を辿るのですか 例えば、窃盗などの犯罪の場合

一般教養 | 法律相談65閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

少年犯罪は、14歳未満か14歳以上か?で、大きくその後が変わります。 14歳未満(中二の途中)なら、少年法で厚く護られています。 犯罪を犯した場合は、児童相談所に通告されることになります。 一方、14歳を越して犯罪を犯した場合、管轄は警察となります。 一時的に、鑑別所で、二週間程度、精神状態を鑑別される場合が多いのです。 その後は、家庭裁判所で、審判を受けることになります。 少年犯罪は、判決と言わないで、審判と呼びます。 審判は、重い順に、 ①少年院入院 ②児童自立支援施設送致 ③試験観察 ④保護観察 ➄審判不開始(無罪) です。 窃盗の内容が悪質なら、①になるでしょう。 軽くても、②か③でしょう。 殺人の場合は、どんな事情があっても、①でしょう。