ID非公開

2021/12/2 21:39

66回答

オフショアジギング。

釣り195閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

40〜90mスロージギングの場合 まず投入するのはどんな場合でも対応できるスタンダードジグで、 スパイv スイムライダーショート もっとフォールで使いたい時は平たいジグにしてあげで誘う時は細長いタイプにします 100から180gくらいを30個ほど持っていきます! 私はジグ以上にフックセッティングの方に拘っていますよ!

0

タチジギ専門ですが、 単に数だけなら、100本は持ってますね(苦笑) ただ、乗合船が主なので、 釣行時は、その日に使うものを、 重さは2種類、形状で2種類で各10本ずつ 計40本くらい持っていくくらいです。 ジグの揃え方は、 ・形&重さ毎に、色違いで数種類 という感じで揃えています。 余談ですが・・・ ルアーをロストして何ぼ、の釣りなので、基本的には、 1個/1000円以下 を基準に選択しています(苦笑)

0

北部九州です、当地では対馬海流が速いので、水深30〜70mで150g〜が標準です、併せて主に"平戸ジャーク"なのでセンターバランスのロングジグが主になります。私は150,175,200gのセンターバランスロングジグを各3色ずつに、リアバランスロングジグを2〜3本。スロー系の短いジグを2〜3本。合計で15本くらいを持ち込んでいます。

0

乗合船の時は、前日の出船確認の時に必要なジグや前日の情報を諸々聞きそれに応じて持っていく。 マイボートは、持てるだけ持っていく笑 メーカーは好みがあるので、どうしても偏っちゃいますね。