ID非公開

2021/12/3 10:42

55回答

NHKがずっと和歌山の中継してますけど、内容としては「被害はない」「停電はない」ばかりでこんなにやる意味はないように感じます。

補足

同日に発生した山梨の同じ震度5弱の地震ではこのような中継は行われませんでした。 この差は一体何によって生じたのであろうか?震度・マグニチュード・深さ・発生時刻などの要素によって、被害がほとんど無くても一定時間以上は中継しなければならないといった規定でも存在するのだろうか? という意味で質問しております。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

なるほど、気象庁の記者会見で中継が打ち切られるのであれば納得です ありがとうございました

お礼日時:2021/12/3 23:16

その他の回答(4件)

1

番組の放送予定を変更をしからです。 台風の時と同じです。 信号待ちは普通に行動していると言いたいのでしょう。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/12/3 15:45

また台風は持続的なものでいつ被害が出るかわからないですし、長くやる意味は理解できます。 が、(津波の心配がない)地震は揺れている時の被害が最大ですし、揺れたあとにいつまでも「被害がない」とやる意味はやはりわかりません。 地震があったぞ、と放送予定をポンと変更できるならば、 特に大きな被害はなさそうだぞ、と放送予定をポンと戻すことはできないものなのでしょうか。

0

これを早々と切り上げれば、「東京で起きたら詳しくやるのに、地方はすぐやめる。東京偏重だ!」と騒ぐのでは? 東京でもやらなければ「被害にあった人間がいるのに、すぐ報道を打ち切るのは、人権軽視だ!」と騒ぐのでは? 「公共放送としての役割を果たしていない」とも騒ぐとお思いますよ。 結局、自分に関係ないと「やる意味がない」といい、自分のこととなると「なんで報道しない」と言い出す。 この国の一般国民の身勝手さ。 他人のことならどうでもいいという考え。 それはそれでもいいがだったら「絆」やら何やらなんて言うな。 この国はバラバラな一体感のなんてなにもない日本なんてどうなっても自分さえ良ければいい国民だというなら、それはそれでいいのです。 そうじゃない顔して、自分勝手というのが問題

ID非公開

質問者2021/12/3 15:41

報道量の地域差問題についてのご持論があるようですが、全くの的外れです。別のところでやってください。 「和歌山なんて俺に関係ないどうでもいい地域のことをいつまでもやるな」と言っているのではありません。 被害がほぼ無いことがわかったのになんでいつまでも中継をしているのか、という話をしているのです。 同日に起きた同震度の別の地震はこんなに長時間中継等されなかったが、この違いは何によるものなのか、という話をしているのです。

0

NHKは公共放送ですから、自然災害に関しては民放より多く放送する義務があります。

ID非公開

質問者2021/12/3 15:33

だとすれば同日に起きた富士五湖の3連続の地震も最大震度5弱でしたので、同様にヘリの中継や街中を走る車からの中継が1時間以上行われて然るべしだと思うのですが なぜそうはならなかったのでしょうか。

0

特に「裏の意味」は無いと思います。 ただ、鉄道とか、一部止まってますのでね。 そういう事を、告知する為の放送だと思います。 市役所の窓ガラスが割れたそうです。

ID非公開

質問者2021/12/3 11:09

鉄道が止まってても市役所の窓が割れてても口頭で伝えれば済むことであって、あるいは現場の写真や映像を流せばよい話です。 高松市内を走っている車内からの中継を定期的に流したり、1時間以上もヘリを飛ばして街を写し続ける必要性がよくわからないのです。