真珠湾攻撃の飛行総隊長の淵田中佐は97式艦攻で攻撃隊を引き連れて行きましたが、搭乗機は爆弾か魚雷を積んで攻撃に参加したのでしょうか?

画像

ベストアンサー

0
画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

お二人とも有難うございました。

お礼日時:2021/12/6 3:20

その他の回答(1件)

0

淵田中佐機(操縦:松崎大尉)は水平爆撃隊で、800キロ爆弾を搭載していました。島と軍艦の間にある軍艦を狙うためです。外側の艦は雷撃攻撃ができますが、内側の艦は島に邪魔されて水平爆撃攻撃しかできません。「アリゾナ」は水平爆撃で沈没しました。水平爆撃は先導機が先頭になり編隊を組み爆撃します。先導機の指揮官は布留川大尉でした。急降下爆撃では250キロ爆弾なので、戦艦の装甲に跳ね返されてしまう可能性が大のため、水平爆撃が採用されました。淵田美津雄中佐は水平爆撃隊育ての親のひとりですから、水平爆撃機に搭乗しました。