ID非公開

2021/12/4 9:01

55回答

今年から管理釣り場で釣りをするようになって釣りやルアーについて色々教えてくれる友達に「あのフライフィッシングって面白そうだね。やってみようかな!」って言ったら物凄い怒った感じで「あんな迷惑な事やりたい

釣り172閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みんな怖すぎwwルアーマンとフライマンの遺恨は良く解りましたw思ったよりも根の深い対立ですね!

お礼日時:2021/12/4 20:36

その他の回答(4件)

0

なんかフライマンやルアーマンに成り済ましたフライマンが色々言ってますが。 フライマンは自分達が批判された時の反論で「フライの方が釣れるから嫉妬してるw」と言うのはお決まりです。 そしてその発言はルアーフィッシング、もっと言えば疑似餌釣りをまるで理解してないド素人の意見なので真に受けないで下さい。 多少ルアーフィッシングの心得がある人間なら普通にフライマンの連中よりもたくさん釣ってます。釣りで魚が口を使う要素と言うのは食性以外にもリアクション、威嚇と言う要素もあります。管釣りでは主に食性とリアクションですが、食性でも主に大きいもの小さいもの。細いもの太いもの。動いてるもの止まってるもの。規則的な動き不規則な動き縦の動き横の動きがあり、リアクションの早い動きルアーをフラッシングする動きがあり魚に口を使わせるバリエーションが無限大です。なので生エサに寄せただけの毛鉤を放置させてるだけのフライフィッシングよりも釣れるのは当たり前です。フライマンと言うのはこの程度の知識もないアホだと言うことです。 そしてフライはキャストする時に大きく振りかぶり周りの迷惑だし近くの人に水も掛かります。そして浮き釣りみたいな事をして水面を荒らすので非常に邪魔です。御質問で「何故禁止にならない」と言うのがありますが近年フライ禁止の場所やフライその物が禁止の管理釣り場も増えていて駆逐されるのは時間の問題でしょう。 事実管理釣り場に行ってみるとルアーとフライ人口比率は一目瞭然です。そりゃ釣りを理解してないわタックルやルアーを買う金もないわ人様に迷惑掛けるわフックのバーブは潰さないわでマナーも最悪の連中が駆逐されるのは当然でしょ。お友達は正しいです。

おっ変な老害が釣れましたね(^^) フライがルアーよりも釣れない事に対して何も反論出来ないからバサー上がり呼ばわりですか?(笑)老人が略語使っちゃって草です。 何か色々貼ってるけどだから何?wって話です。ルアーとフライの人口比率なんか目でみれば火を見るよりも明らかなのに足掻いてて草です。 多分下の老人は木を見て森を見れない学生運動とかやってた世代の人かもしれないですね。知見が狭いのはどっちなんだって話だね。いい歳こいて。 まあ時代に取り残された老人が残り火として肩身狭くしてフライをやってるのはしゃーなしかと思うけど若者はこう言う下らない連中の真似事はやめて欲しいですね。

0

フライフィッシング30年以上やっています。 たまに他の釣りに手を出すこともありますが、ほとんどがフライです。 なぜ、お友達がそこまでフライを悪く言うのか、私には見当が付きませんが、過去に何かしらプライドが傷つけられるようなことがあったのでしょう。そして、傷つけられたプライドが回復せず、現在まで引きずっているのでしょう。 そのお友達との関係を維持したいのなら、フライフィッシングはあきらめた方が良いでしょう。 ただし、これは憶測なのですが、そのお友達は独善的で視野が狭く、合理性よりも自分の感情を優先させる、なかなかの問題人物であるかのように見受けられます。ここらで彼との関係を絶っておくのも、長期的にはプラスかも知れません。 ただ、ご友人がフライフィッシングに協力してくれようと、あるいはその反対であろうと、フライフィッシングは独学による部分が大きいのです。 独立独歩の覚悟と気概が無いと、なかなか上達しません。 これだけは肝に銘じておく必要があります。 もし、あなたに手取り足取り教えてくれるフライフィッシングのコーチが見つかったとしても、その人と水辺に立った時だけ、フライロッドを振るのでは、上達は見込めません。 フライキャスティングの動作はかなり特殊なものなので、初心者のうちは、すぐに忘れます。 月一回だけヨガの教室に通って自宅では何もしない、という仮想例と似ているかも知れません。 色々、入り口のハードルの高さを感じる釣りなのは確かですが、別に蘊奥を極めずとも、ある程度のレベルに到達できれば、ルアーとは比較にならないほど大きな見返りが待っています。

画像

バサーあがりっぽい変なのが上で喚いていますけれども。 彼は狭い知見の中であーだこーだ言っていますが、フライフィッシング専用、ルアーマンは立ち入り禁止、というフィールドもあります。 規模・知名度・歴史、何れも筆頭なのが、東京の養沢でしょうか。4kmにわたる区間で、フライとテンカラの人しか入れません。東京のフライマンの間では「養沢社交場」の異名を取ります。禁漁期間がちょっと長いかな。 http://yozawa.jp/ 次点で、うらたんざわ渓流釣り場ですかね。ここは20年以上昔から、ルアーマンの入れない「ヤマメクラシック」というエリアがあります(というか、人気的にこちらが主)。フライマンの間では「うらたん道場」と呼ばれます。異名の由来は、マーカー禁止・エッグフライ禁止・ドロッパー禁止などの厳しめのレギュレーション。 https://uratanzawa.com/point-guide/

0

一時期、フライにも手を出したことがありますが、恐ろしく奥の深い釣りなので、他の釣りと同時進行で楽しむのは難しい、と感じました。 ルアーは店頭で買ってくれば済みますが、フライは自分で作らないといけないので、隙間時間も、知的エネルギーも、全てフライに取られる感じです。 まさに沼。 その、フライ製作の材料の選択も知識が必要。同じように見えるシカの毛なのに全然用途が違ったり、同じように見える化繊なのに全然用途が違ったり。 私はそこそこのところでフライを断念しましたが、他人に教えるのはとても無理です。多分、間違ったことを一杯教えちゃうのでw 知恵袋でも、何人かフライのガチ勢の人が居て、間違ったことを言うと、厳しい指摘が飛んできます(「だからこそ安心」、とも言えるのですが) 過去、グ〇マという人が間違ったフライキャスティングを知ったかぶりで解説して、袋叩きにされていたのを思い出します。まぁ、そのグ〇マという人が悪いのですけど。 あなたの師匠格の友人も、SNSなどでグ〇マみたいなことをして、集中砲火されたのかも知れませんね。 私はフライを永年やってる人には敬意を持ってるし、迷惑とも思っていないです。 なのでフライマンを敵視しているあなたの友人の方が「人間として、釣り人として、少々難アリ」に見えます。 あと、下の方で「老害」呼ばわりの回答をしている人も(笑)

「ルアーマンに成り済ましたフライマン」って私の事なんだろうなぁ。人を見る目が無いなぁ。 フライマンとルアーマンで、ガチの数釣り勝負をしたら、ルアーマンは勝ち目無いよ。 変にイキって、妄言吐き散らすのは恥ずかしいからやめてくれ、ルアーマンが安く見られるから。

0

・インジケーター(浮き)つけた釣りで、他人の前にラインが流れているのにそのまま待つ、斜めにキャストしてそのまま待つ等で、隣の人の釣りを妨害する ・横風が強いのに、フォルスキャスト(狙ったところにフライを落とす前に空中で何回か行う調整のためのキャスト)を行い隣の人を危険に晒す ・後ろ人が歩いているのを確認しないで、キャストをはじめて危険に晒す こういうマナーが悪い人にカチあって、フライの人に対して嫌な思いをしたことがあるんじゃないかなー。僕も全部経験あるし。 ・ルアーが釣れないときでも爆釣する 実はこれだったりしてw