六年生の算数の問題です。 (1)の答えが、9cm²になるのですが 解き方がわかりません。 どなたか解説して頂ける方、宜しくお願い致します

画像

算数 | 小学校73閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0
画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:2021/12/4 21:20

その他の回答(1件)

0

下の小さな三角形は、30°と90°がわかっているので、残りは60°。 したがって、この三角形は正三角形の半分の三角形。 斜辺は円の半径なので、6cm。 正三角形の半分なので、底辺は斜辺の半分の3cm。 よってその面積は 6×3÷2=9cm² ⊿OABの面積は、底辺3cm、高さ12cmの三角形からこの小さな三角形の面積を引いたものなので 12×3÷2-9 =18-9 =9cm²