セブンイレブンで250円の切手をくださいって言うと、260円の切手しかありませんと言われたんですがどういう意味なんでしょうか?

1人が共感しています

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

その他の回答(5件)

2

切手は1円単位のものがある訳ぢゃないから、ってだけの話です。 現在販売している普通切手の額面は 1円 2円 5円 10円 20円 50円 63円 84円 94円 100円 120円 140円 210円 260円 320円 500円 https://www.post.japanpost.jp/kitte/ ですから、250円切手というものは「販売していない」ということです。 250円分の切手が必要であれば、「100円切手2枚、50円切手1枚」「120円切手2枚、10円切手1枚」など複数の切手を組み合わせるしかありません。

2人がナイス!しています

0

郵送料に関係ない切手は置いていません、そもそも260円切手を置いているだけでも凄い、せいぜい140円切手までですよ、250円なら120円2枚と10円切手1枚ですね、

2

260円は速達料金です。その前は290円。 回答にもある通り250円切手は過去にも販売なし。 切手の発行は郵便料金に準じているのです。 1円切手だけは前島密(ひそか)図案で60年以上少し変えながら 発行されています。1円、2円切手などは少額切手は補助料金として。 250円切手が希望なら250円「分」の切手をくださいと言えばいいのです。 100円2枚+50円一枚。 ただし、これらはコンビニには置いていません。 郵便局で購入。置いてあるのは63円、84円、94円、120円、260円 くらいです。需要が少ないのでね。

2人がナイス!しています

切手が存在しないのならゆうパケットの送料を250円に設定するのがもうおかしい、そこから間違っている、そのおかげでどれだけ苦労するのか想像力もない不親切極まりない組織だな

2

「250円の切手」は発行されていません。 「250円分の切手が欲しい」と言えば、何枚かに分けて買えたと思います。 店員さんがそこまで気を利かせられなかったのかもしれません。

2人がナイス!しています