ID非公開

2022/1/3 7:39

66回答

個人年金保険は良くないと言われるけど、保険料控除とかを考えると年率10%位で運用できているように見えるのですが、なぜ良くないのですか?

生命保険667閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

no nameさんの計算方法で計算してみました。 旧制度で年間10万の保険料 所得税控除は5万円、住民税控除は3.5万円 所得税率20%で 所得税10000円、住民税3500円 合計13500円の節税 この場合は保険料の13.5% 所得が変わらないなら 40年間この保険料を支払ったとして480万の保険料 予定利率は変動利率型だけど、現状1%複利で運用されているので、これが継続すると仮定して年金原資が592万程度だろう プラス112万 保険料控除の効果は13500×40=540000円 40年かけて168万増える 134.6% 複利で年率1.4%だ うん。無リスク資産の代替運用先としてはかなりいい。 継続して問題ないことが確認できました。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん色々とご回答いただきありがとうございます。1番しっくりきた回答をベストアンサーにさせていただきました。 なお、控除された現金を投資に回せばさらに効果があるので、単利でもいいかなと思いました。

お礼日時:1/5 21:48

その他の回答(5件)

0

>・・・なぜ良くないのですか 良くないと「言われるけど」というのは、どこからそのように言われたのでしょうか。 最初の方と同様、旧制度の時代から、月額で約9千円の個人年金保険(60歳払込終了まで32年間)に加入しています。 預金と比較するなら、利回りとしては充分に良いと思います。

1

良くないんじゃなくて大儲けではないよ!です。 販売していない方や伝えたい方がおしえてくれている。 しかしほぼリスクが無いから支払いを最後までつづけ、支払い継続無理の無い設定の額で。 例 税制適格型で 計画的に月8000円~1万程度で、がオススメです。 定期預金よりはもちろん良いです。あっても良い無駄にならない商品。 現在プラスになる個人年金を販売している保険会社は数社のみ。

1人がナイス!しています

この返信は削除されました

1

①控除された金(約1万)をタンス預金にしている想定だからです よく言われる誤解が「複利ではないから」。 控除された1万は普通は何かに使うので実態としては複利で機能します ちなみに、絶賛されている「クレジットカードで投資信託を積立」はまさにこれです。 ポイント還元1%だと、年に12万払って1200円。動きは個人年金と同じ、利回りは下。それでも評価されるんですから、個人年金を否定するのは奇妙です ②個人年金は定期預金と同じカテゴリなのに、株式や投資信託と比較するからです。 批判する人の頭の中は、 現金500万+投資信託300万 VS 現金500万+個人年金300万 のようなイメージなんでしょう。 正しくは 現金200万+投資信託300万+個人年金300万 比較相手を間違っています ③10年確定個人年金等しか知らず、利回りが低いと思い込んでいるから。 終身年金なら、実生活上は投資信託に勝つケースも珍しくありません

1人がナイス!しています

1

新制度で 年間12万の保険料なら 控除は最大の4万円 住民税は最大2.8万円 所得税率20%の人なら 所得税8000円 住民税2800円 合計10800円の節税 この場合は保険料の9% 問題は この節税の10800円は複利でないこと 所得が変わらないなら 40年間この保険料を支払ったとして 480万の保険料 年金原資が仮に500万程度だろう プラス20万 保険料控除の効果は10800×40=432000円 40年かけて 63.2万増えるだけ 113.6% 単利で年率0.33%だ そりゃ控除がなくても 株式でやった方が増えるよ 間違いないことだ これがいいなんて言うのは よほどのおバカさんだけだよ →計算ができないヤツがそう言うんだ

1人がナイス!しています

これを「いい」なんて言うおバカな保険屋がいるから、投資カテのこれもおバカな回答者にすら保険屋はバカにされるんだ

1

良くないと聞いたことないです 良いです

1人がナイス!しています