ID非公開

2022/1/6 23:01

55回答

●社労士事務所の残業が多く、辞めたという友人●

労働条件、給与、残業 | 資格320閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/1/7 12:12

ありがとうございます。 ブラック体質な面も否めないのですね。 私は会社と書きましたが、福祉系の法人職員です。なので、ノー残業とうるさくなりまして、世間知らずでした。 元来、真面目で勉強熱心ですので、勉強の方は実はたいした悩みではなかった思います。おそらく残業になれてなかったのがメインですね。ただ、辞めてしまったあとなのですが、私達古くからの友人も「残業多くない?」とか「辞めて正解だね!」と言ってしまったのは反省点です。 彼はコンプレックスがあるので、開業には2年ぐらいは社会性を積まなくちゃとか、行政書士とかも、とらなくちゃと、焦ってる感じもします。 1月はゆっくりして、2月に社労士で転職活動するか、行政書士の勉強するか、一旦違う仕事をするかを考えるみたいですね。

その他の回答(4件)

1

アッっとホームな職場は要注意です。アットホーム=みんな仲がいい。一人だけ帰れないということです。毎月40時間ということは月22日出勤で2時間弱です。普通ではないでしょうか?ただし残業代がでていないならやめましょう。労働者を守る立場の社労士で労基法違反は本末転倒です。税理士だったら確定申告の時期が一番の稼ぎ時です。定時で帰るのは無理です。残業が嫌ならパートにしたほうがいいです。

1人がナイス!しています

2

今超忙しいよ。 残業ハンパない。実態を知らないのね 毎月助成金申請20社。 もう累計30億以上もらってます。 融資受けるより、よっぽど割がいい。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/1/8 0:55

申し訳ない。実態はほぼ、わかりませんね。助成金はもちろん聞いたことがありますが。そんなに忙しいのですね。

1

社労士に限らず、税理士、行政書士、弁護士、企業の事務員など 事務の仕事は法定期限がありますので、それに間に合わせるためには残業しないといけない場面というのは多々あります。 就職後も、勉強を継続し知識を常に更新していかなくてはいけません。 むしろ、知識を常に更新しない仕事なんて皆無なんじゃないでしょうか? 司法書士事務所で残業は、あまり聞きませんけどね。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/1/7 19:11

ですよね。 ありがとうございます。 たしか、彼は司法書士も視野に入れてたようですけど、難しくてやめたような気がします。 おっしゃるとおり、生涯学びですよね。 まぁ、ただ、正直彼の人生ではあるものの、ほんの少し気にしてくれたり、残業少なければ、やっていけるような気がするんですけどね。仕事は楽しいみたいです。

1

社労士は、顧問契約している会社との関係で、そこの従業員数によって、仕事が多くなったりします。 頻繁に辞めたりする人が多い会社では、補充する人員が新規採用になるので、手続きも一通り必要なわけで。 雇用保険しかり、健康保険、年金関係、退職金関係のほか、労務関係で協定書の関係……などなど、手続きがたくさん&多岐にわたります。 コロナ関係で、休業補償で、国に申告する助成金関係の申告も社労士が行っていました。雇用調整助成金ほか、種類も多数あります。 どれだけのクライアントを持っている事務所かによって、忙しさは異なります。 ちょうど、一般の会社で言う所の、係長や課長がするような仕事もありますし、管理者や主任がする仕事を社労士事務所が請け負っている形です。 当然、その仕事には、提出期限が設定されているので、クライエント会社からの資料が遅れれば、処理する期間がなくなり、社労士は、残業してでも提出先への期限に間に合わせないといけません。 士業の仕事は、ほとんどが、顧問契約をしている会社からの仕事(手続き代行を含む)なので、自分の都合だけで進められる仕事ばかりではありません。また、助成金の手続きなどは、どの企業も総て、同じ締め切り日までに提出しないといけないので、仕事のピークも一気にきます。 仕事をセーブするかどうかは、事務所に勤める従業員の立場では、難しいと考えます。 いっそ、独立して、個人事務所を作って、顧客となる事業所を開拓する所から始めては如何でしょうか。 そうすれば、ある程度、自分の体調等に配慮ができる環境を整えていくことが可能と思われます。 (忙しくなるときだけ、短期アルバイトを雇用する等) 士業は、どこも 同じような現状だと思われます。 毎月40時間ぐらいなら、少ない方だと思いますね。 その倍は、働いています。 社労士の守備範囲の仕事に関しては、頻繁に法改正がありますので、その知識を随時、更新して理解していかないと、契約した相手方の会社に迷惑(罰則による処分を受けるのがクライエントの会社になる)をかけることにもなります。 処罰の対象が、顧問契約を結んでくれている会社になり、新聞にデカデカと名前がでるのが、会社名で、社労士の名前まではでない。でも、仕事に対する信用は失います。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/1/7 19:19

詳しくありがとうございます。 その、企業の総務とかの事務職の社労士というのは、大々的に募集してるのでしょうか? もともと言われたことはしっかりやるとか、真面目で熱心ではあります。 悪く言えば固いとは思うのですが、少数精鋭の事務所は、やはり彼には負担のような気もします。勤務社労士としても若干転職の視野を入れてるみたいですね。 とはいえ、彼もゆくゆくは開業志望ですから、開業に向けての準備もありですよね。 とはいえ、少し安定した職場で働きたいというのが、本音なのかもしれませんね。