ワインの原料に輸入ぶどう果汁とありましたが、これは濃縮還元と違うのでしょうか。 色々な表記があって良く分からないのですが、健康目的で飲むので、濃縮還元は避けたいなぁと思っているのですが。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

一番質問からの回答が近かったので。 濃縮還元果汁って要はただのぶどうジュースですよね。 300円くらいの商品だとそれオンリーのモノもあり、それって単にジュースにアルコール加えただけじゃね?って思ってしまいます。 少なくとも濃縮還元果汁+輸入ワインと原料に書かれているものを選ぼうと思います。

お礼日時:1/18 14:20

その他の回答(2件)

0

違いますね。 現行表示法では、濃縮還元を使った場合は「濃縮還元ぶどう果汁(外国産)」となります。 輸入ワインを原料とした場合は「輸入ワイン(外国産)」と書きます。 ちなみにワインは健康目的にはなりません。 飲酒には健康上のリスクがあります。

1

ワインの原料に輸入ぶどう果汁と書かれているのは、一般的なワインの造り方でなく濃縮果汁を発酵させて造ります。日本で造られるワインの多くはこういう造り方で、自分の畑で採れたブドウから発酵させて造られるワインは割合的に少ないようです。 果汁から造られるワインはブドウから造られるワインより原料のコストが低いので安いです。飲み放題で出てくるワインにこのタイプは多いです。 他の国ではおそらくワインの造り方はブドウを果汁にせず実を発酵させて造っています。ですから、果汁を原料に造ったものはワインと呼ばないのではないかと思います。 果汁を濃縮するのは量を減らせるので輸送費を安くすることができます。使用するときは水を加え調整します。

1人がナイス!しています