西九州新幹線の武雄温泉から新鳥栖駅間の標準軌規格での運行になった場合、在来線並行の案が採用されたら

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(2件)

1

JR九州は、高額な特急料金が徴収できる新幹線だけが運行でき、新幹線開通によって特急列車がなくなり赤字額が膨らむ在来線を切り捨てることができるスキームだから整備新幹線建設につきあっているのであって、在来線を経営し続けることが条件になるくらいだったら新幹線建設構想には乗りません。 長崎本線には、たとえ博多・佐賀間が「特急街道」と言えるほどの運行本数があるとしても、在来線、新幹線双方をJR九州が経営し収支の帳尻があるほどの輸送量はありません。

1人がナイス!しています

在来線は各駅停車のみ運行して存続させることでは無理でしょうか?この間は乗車率もそんなに悪くないはずです。あいの風富山鉄道のようにするしかないので有れば、佐賀県は絶対新幹線建設費は出さないと思います。

1

標準軌で並行して通す場合、 問題となるのは工事方式云々ではなく、 在来線の去就です。 そこはどうお考えですか。

1人がナイス!しています

在来線は新幹線と平行ルートを通るので武雄温泉から新鳥栖駅までは存続し、肥前山口から諫早は23年間jr九州が運営して、その後民営化することは現行と同じで問題ないと思います。