フランス軍は何故弱いのですか?第一次大戦、第二次大戦、両方ともアメリカが参戦しなければ負けだったのでは?

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:1/9 20:21

その他の回答(5件)

1

色々ありますが、 第一次大戦のダメージから回復していなかった、 第一次大戦で学んだドクトリンをそのまま適用したがドイツには通用しなかった、 *ドイツにしてみれば負け戦の戦術なんですから、そのまま使うわけ無いんですがね。あと、技術も発展してますし。

1人がナイス!しています

1

gloomsharkさんの回答が正解だ。 フランス軍は計画的な作戦と言う考えにこだわりすぎ、 ドイツ軍の現場指揮官が好機をとらえて敵の弱点を突破し、後方へ回り込むという柔軟なやりかたに対応できなかった。 ああ、第一次大戦では、アメリカの参戦がなくても、持ちこたえたと思う。 ただしイギリスも参戦していなかったら、危うい。 ロシアも参戦していなかったら負けだったろう。

1人がナイス!しています

3

第一次大戦の時点で既にドイツと国力差が大きく精神論に傾いていました。 そして第二次大戦では第一次大戦の大きな犠牲の教訓から軍人教育では 「事前に立てた計画に従って作戦を遂行する」 「可能な限り不確定要素は入れない」 と言った事を重視していました。 ところがその結果は最悪でドイツ軍の機甲師団が前線を突破したとき「計画を練り直す」事を優先して手をこまねき、その間にドイツ機甲師団は進撃して計画はおじゃんになり、また「計画を練り直す」のに取りかかっている内にドイツ軍は更に進撃……を繰り返してあっという間にフランス軍の指揮系統は崩壊し、前線部隊は各個撃破されてしまったのです。 つまり第一次大戦の教訓が染みすぎて次世代の戦争に対応出来なかったのです。

3人がナイス!しています

0

日本列島がヨーロッパの隣りに位置してたら、日本のショボい文化諸共とっくの昔に消し飛んでるよ。

画像
6

ナポレオン戦争で大量に人が死んでしまったので… それ以降フランスは人口が伸び悩んでいます。 直接的に徴兵できる人口が減っただけではなく、労働者や納税者が大幅に減少したということでもあるので国力に響いてきます。 そんな状態のまま第一次大戦でさらに兵士と下士官を大量に失ったので、第二次大戦ではもうどうしようもなくなってしまいました。

6人がナイス!しています