新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
新型コロナウイルスワクチン接種の情報についてはYahoo!くらしでご確認いただけます。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

まだ起業して5年なので小さな会社ですが、会社を経営しています。 採用基準についてご意見やアドバイスを賜りたく存じます。

補足

Bタイプですがアルデヒド分解遺伝子とアルコール分解遺伝子がいずれも活性型の体質を持つ人を示すという意味です。 A:飲酒で赤くならず、お酒に強いが抜けにくい、アルコール依存症に最もなりやすいタイプ B:たくさん飲んでもアルコールの分解が早い、お酒に強いタイプ C:酒に弱いのに顔に出にくいので、飲めるタイプと勘違いしがち。がんリスクが高いタイプ D:少量の飲酒で顔がすぐに赤くなり、お酒に弱いタイプ E:お酒がまったく飲めないタイプ https://geko-kokufuku.net/alcohol-bunkainouryoku-kensa/alcohol-bunkai-kouso-idensi-siraberu/

ビジネスマナー | 起業191閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(4件)

0

Webデザイナーと営業を分けて募集した方が、より良い人材を獲得できるでしょう 顧客にIT企業も多数ありますが、優秀な技術者で営業やらされている方は、役員を除いていません 営業部門を切り離すことで、より優秀な技術者を獲得できると考えます さらに、技術者として優れている上、営業成績がいい人などほぼ皆無でしょうから、営業専任を置くことで売上も伸びるでしょう

1

他人に意見を聞くような問題ではないと思いますよ。 ご自身が経営者なのだから、自分で決めれば良い事です。 一般論で言ったら、酒が強いことと、営業能力とは、 具体的な相関関係など無いのだから、営業上の理由で、 アルコール適性を採用基準に加える事は、 ナンセンスとしか言いようがありません。 下戸でも営業センスの抜群な人は大勢いるし、 酒で失敗する人間も沢山います。 ただ、そんな反論は、百も承知で、 そういう採用条件を設けているのでしょうから、 その信念を貫かれるべきです。 一番悪いのは、赤の他人から批判されて、 簡単に自分の信念を曲げてしまう事です。

1人がナイス!しています

0

経営者です。 ⑤以外、全て抽象的に思えます。 ①~④は入社前の時点でどうやって判断するのでしょうか? ①~④は全て、どこの企業でも当たり前のようにそういった人材を求めていると思います。 あえて選考基準として明記するほどの事でもないかと思います。 ⑤はどうでしょうかね。 明確な意図がありますので、法的には問題ないでしょうね。 ただ、個人的にはナンセンスかなと思います。 飲めなくても飲みの席で上手に立ち回る人はいますし、「それを絶対条件にしてる会社ってどうなの??」って感じてしまうのがノーマルな感覚ではないでしょうか?

1

まあ、あなたの会社では意味あるのね。 程度。 そんな酒コミュニケーションしないといけない会社なんだねと

1人がナイス!しています