読書がお好きな方にお伺いしたいです。

読書 | 小説698閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

3人が共感しています

ベストアンサー

0

ご回答ありがとうございます! 本日年下の男の子を読んでみました。何も調べぬまま表紙に惹かれて読んだので、ミステリではなかったことにびっくりしましたが、それ以上にとても面白かったことに驚きました。 素敵な作家さんを教えてくださりありがとうございました!他の本も探して読んでみます!

その他の回答(10件)

0

好みに合うかはわかりませんが 個人的にとってもすきなミステリー小説です 三度目の少女 『このミステリーがすごい!』で 大賞・隠し玉を受賞している作品です 何度も何度も読み返したくなる程の 面白く納得できそうで難しい謎 そんな謎の点と点が繋がった時の衝撃は 言葉で表すということを忘れてしまいそう 謎が謎を呼ぶ… 何を食べたらこんな物語が思いつくのだろうか いや現実なのかもしれない そう疑ってもおかしくはない 読者だけではなく物語の登場人物と一緒に 楽しめてしまう 奇妙なほど惹かれ惹き込まれる ゾクゾクと推理が止まらない!! 是非とも読んでほしい一冊です

0

>好きな作家さんは米澤穂信さんや井上真偽さん、阿津川辰海さん いずれの方の作品も読んだことありませんが回答します(ちなみに後者の二人は名前自体知りませんでした) 兇人邸の殺人、ジェリーフィッシュは凍らない、体育館の殺人がおすすめです 最初と最後のは本格推理小説ですがストーリーもしっかりしていてとても面白いです 真ん中のも推理要素が強いので本格なのかな?って感じです

0

倉知淳がおすすめです。 特に「猫丸先輩」シリーズ。あと「ほうかご探偵隊」なんかも良いですね。 米澤穂信よりももっとゆるい感じですが、それでいて骨はしっかりしていますよ。 あと、黒川博行なんかどうでしょう。 「雨に殺せば」などの黒マメコンビシリーズとか、掛け合いが楽しいです。

0

被っていますが、ミステリーなら私も綾辻行人先生を激推しします! 作品数もそこそこあるので、読み足りない!!という感じはないと思います。 十角館の殺人は凄く面白いです…。 綾辻先生の作品として別シリーズに「囁き」がありますが、そちらもオススメです。 館シリーズの「十角館の殺人」、囁きシリーズの「緋色の囁き」では同じミステリーですが『同一の作者が作ったものなのか?』と思うほど違うので、是非注目してみてください!どちらの作品も、オカルト要素を含んでいます。

0

綾辻行人「館シリーズ」

説明です。 故人である建築家の中村青司が建築に携わった奇妙な館で起こる不可思議な殺人事件。それを素人探偵の島田が解決するというシリーズ。叙述トリック(文章上で読者の勘違いを誘う手法)の名手である綾辻ワールドに迷い込んでしまうと、その面白さから出られなくなってしまう。トリックがわかった時の爽快感が格別な作品である。 本のタイトル(題名)は、「十角館の殺人」です。