なぜスーパースポーツてコンパクトなのですか。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スーパースポーツてモデルチェンジするたびに小さくなって行きますが。

画像

新車 | 中古車165閲覧

その他の回答(5件)

0

小さなバイクって、確かに、モンキーレベルなら運転しにくいと思いますけどね。 スーパースポーツがコンパクトになったところで、実際見ればでかいですよ。 直線番長をきめるなら、でかいバイクの方が、早いと思いますが、実際レースの勝負所はコーナーです。いかに早く曲がれるかが勝利のカギになってきます。つまり、ホイールベースですね。旋回能力を高めることが速く走れるポイントになってきます。

0

スーパースポーツって誕生してどんだけ歴史があるのよ? まだ20年弱でしょ? 10年20年で数十cmも平均身長が大きくなったのなら変更しなきゃいけないけど… 数mmレベルでしょ?

0

そもそもが、扱いやすい大きさじゃなかったですしね。 多分、日本人の大多数の方々には大きくて扱いにくい。 もともと扱いやすい大きさを目指して作っていたものなら、平均身長とともに大きくしていくのが当たり前だとは思うけど、 もともとがちょっと大きすぎるくらいなのでね。 人間の平均身長がちょっとくらい大きくなったからってバイクの寸法を大きくしようという話にはならないでしょうね。

1

実際は小さくなってねえし。 ホイールベースだのエンジン幅だの、シートの座面高さだの、 そういうのは質問者が言うほど小さくなってない。 ここ20年で変わったのは、空力に対する考え方。 2000年代くらいまではカウルで空力を制御してた。 カウルで空気を切り裂いて進む感じ。 今は乗ってる人間も空力パーツの一つとして、空力を制御してる。 そして空気は切り裂くだけじゃなく、取り入れて素早く抜く事で抵抗を減らしている。 だから昔のSSは車体全体をカウリングしてるから、結果大きく見える。 今のは、人間が空力を担当する部分はカウリングせず、空気の抜けも考慮してるから 全体的にカウルはスカスカで小さく見える。 なので小さく見えるとしたら、それは物事の本質が見えていない つまり、節穴EYEって事。

1人がナイス!しています