ID非公開

2022/1/14 3:17

88回答

イギリス英語とアメリカ英語の「t」の発音の有無について疑問に思うことがあります。

英語 | 一般教養345閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

社会的な階級によって喋り方に違いが生じることがあるというのは初めて知りましたが、ひとつのグループの特徴的な概念が年月の経過や流行により他方のグループに影響を及ぼし受け入れられたり面白がられたりする現象自体はよく見かけるものだなと思うと納得がいきました。私の疑問に対する回答、解説が一番わかりやすいと感じたjoe様をBAとさせて頂きます。皆様ご回答ありがとうございました。

お礼日時:1/22 23:17

その他の回答(7件)

2

我々がイギリス英語と特に呼んでいるのは、イギリスのアナウンサーが話すような発音のことです。これを使えばどこでも通じるというものですから、外国人はこれを覚えれば良いわけです。 巷でよく使われている発音として、Tの声門閉鎖音化が有名だとしても、真似する必要はありません。知っておく必要はあるでしょう。 アメリカ人がイギリス人の真似をする場合、またその反対も Tの発音、ouの発音、Rの発音 などでからかいます。ただ、標準的発音同士でです。 Bottle of waterの例は針小棒大といったものに過ぎません。

2人がナイス!しています

0

tをくっきり発音する階層の人たちはどっちかといえば上の階級の人たちが多いかと思います。教育を受けることができた人たちはそれが普通、通じやすいものと習う思うのでそうなっているのでしょう。 逆に'wo'erは方言的だったり、そういう教育よりも会話優先的に学んだ人たちが使ってきていて、それが特徴的なのでミームなどになりやすいのでしょう。 教える先生もtを発音する方が多くの人に通じやすいので最初はそれで教えたんでしょう。大は小をかねるので、'wo'erを最初に教えると通じにくい人もいるのでそうしたんだと思います。日本語でいえばその土地の方言を先に教えるより標準語を先に教えるような感じです。 参考になれば幸いです。

0

漠然と「イギリス英語」と言えば、標準発音というべきRP(Received Pronunciation)をイメージすることが多いでしょう。 BBCのアナウンサーは基本的にRPで話しますし、イギリス人が外国人に英語を教えるとなったら、RPで話すと思います。 RPでは、bottleやwaterのtをはっきり発音します。 https://www.youtube.com/watch?v=MrttZKDSmFA 方言によっては、tをはっきり発音せず、waterがwa'erに聞こえるような発音になることがあります。 ロンドン方言の一つであるコックニーは有名ですね。 https://youtu.be/7_FtnOTLkSs?t=332 イングランド北西部ニューキャッスルの方言ジョーディーでは、p, t, kが聞こえにくい発音になります。 https://www.youtube.com/watch?v=0C1jbnBB6nc&t=278s

0

イギリスには日本人英語学習者が想像もつかないぐらい多数の方言差があります。 だから「bottle of water」というフレーズを引き合いに出してアメリカ発音の方がイギリス発音を例えてbo'ohw'o'wo'erといってからかうという文化(?)」としても不思議でもなんでもありません。あって当たり前と思ってもいいぐらいです。日本人だって、日本語のキツイ方言を喋る人をからかうじゃないですか!

0

>waterという語であればウォータと言う感じです 長くイギリス南西部におりますが、今もそう発音します。