株式等譲渡所得の住民税申告不要制度について質問です。令和3年度の確定申告の書類を作成しているのですが、どうしてもわからないところがあって質問しました。誰か詳しい方教えて下さい。

税金 | 株式2,111閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

5人が共感しています

ベストアンサー

2
ID非公開

2022/1/15 9:27

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

いいえで申告します。他にも回答して下さった方ありがとうございました。助かりました。

お礼日時:1/22 14:56

その他の回答(3件)

1

① 確定申告だけしたならば、原則としては同じ内容が 住民税に送られます。 ただ、繰越に関しては、所得税の申告期限と 住民税の申告期限が ことなるので、 所得税は、いつ申告しても繰り越せますが、 住民税は、納税通知書を発送するまで でないと繰り越せません。 なので、質問者さんが いつ申告したか? 次第です。 4月15日 あるいはそれを過ぎていれば、納税通知書が発送 されるまで (5月〇日 から 6月上旬 とかです)に申告したか どうかです。 それまでに申告していれば、住民税にも繰越になっています。 ② 通算してもなお 赤字だと 申告すれば、全額戻るので、申告した場合に 税が減る額になります。 住民税は、あなたの払う住民税 が 減額になる形での控除です 給与で30万はらう なら、そこが減ります。 もちろん、それ以上控除がある場合は、還付になります。 当然申告不要にしますかは、いいえ でないと還付されません。 申告不要にすると 住民税上 昨年は株を一切していないことに なりますので ③ いいえを選択します 譲渡益に関して、選択できるのは 申告不要か 申告分離化ですから 所得税で 申告分離をえらんだばあい 住民税で 申告する場合は(申告不要はいいえ)、 譲渡益は 当然ながら 分離で申告することになります でも、配当は、多くの場合、所得税では、総合課税を選択 することが多いです(税率23%までは、総合課税の方が 一般的には有利なので) その場合、申告不要=いいえ にすると、住民税も総合課税に なってしまうので、 住民税上 配当は 分離課税 あるいは 申告不要にしたい 場合は 別途 住民税の申告が必要になります。 所得税 譲渡益 分離 配当 総合課税 住民税 譲渡益 分離 配当 分離 または 申告不要 にしたい場合は、 別途住民税も申告が必要

1人がナイス!しています

1

回答ではありませんが、私も質問者さんと全く同じ状況であり、大変参考になりました。 結論として、 「株式等譲渡所得割額控除額」⇒「特定配当等・特定株式等譲渡所得の全部について、住民税で申告不要としますか?」は、 「いいえ」を選ぶべきと理解しました。 (株式の申告が総合ではなく分離課税の場合) 非常に解り難い項目なので、同じようにお困りの方も多いと思います。 誠にありがとうございました。 御礼まで。

1人がナイス!しています

2

①確定申告すると、その情報は地方自治体に伝えられます。敢えて住民税の申告書を提出していなければ、損失の繰越は有効です。 ②『はい』を選択してしまうと、住民税において前年の売却損と当年の売却益との通算が出来ません。 ③『いいえ』を選択すると、株式関係について住民税の申告がされますので、前年の売却損と当年の売却益との通算されます。 但し、配当金について総合課税で申告している場合、住民税の申告でも総合課税になります。

2人がナイス!しています