ID非公開

2022/1/15 9:23

55回答

スネアって、値段なりの品質や機能、演奏性の違いってあるのでしょうか。 3万円ぐらいのものでも、きちんとチューニングすれば上位機種となんら遜色ない気がするのですが…。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/1/15 11:22

そうですよねぇ。違い、わからんと思うのです。

その他の回答(4件)

0

価格の違いは生産国、使っている木やパーツのグレード、塗装の手間といったところですね。 近年は中国やインドネシア製の安いものでも'80年代までの日本製よりクオリティは高いので安物で充分と思います。そもそもスネアの音色ってシェルのサイズとヘッドの性状、チューニングにほとんど依存しているのでクラビオットのメイプル単板だろうがビギナーキット付属のバスウッド合板だろうがシェルサイズ、ヘッド、チューニングが同じならほぼ同じ音が出ますしね。

0

同じ材質、同じメーカーで明らかに値段が違う場合はパーツや仕上げの差や質の良し悪しなのでさすがに変わると思いますが、 (この場合、音質というより、長時間のチューニングの安定性やチューニングレンジの広さ、長期で見たパーツの耐久性が大きい) 例えば国産2万円のスチールと海外製10万円のメイプルだと、値段の差というよりメーカーや材質の差の好みでしょうね。 基本的には親方に賛成です。

0

>3万円ぐらいのものでも、きちんとチューニングすれば上位機種となんら遜色ない気がするのですが…。 きちんとチューニングすれば3万円のスネアとして最高の音が出ます。 10万円のスネアをチューニングすれば最高の10万円スネアの音が得られます。 ちなみに、ドラマーがマイスネアだけ持ってスタジオやライブハウスへ行くことは普通にありますけど、楽器を持ち歩かないピアノ弾きには理解できなくて当然です。理解してあげましょう。

ID非公開

質問者2022/1/15 10:18

そのきちんとチューニングされた3万円のスネアと、きちんとチューニングされた10万円のスネアとでは、やっぱり違うものですか?という質問です。 ピアノの人は、そこにある楽器を使うしかないですからね〜。ある程度、その場で瞬時に楽器の特性を見抜いて、自分を楽器に合わせていかないといけない。 なかなか大変なことですよねぇ。

0

マイスネアって、持つ必要があるの?と思う。 俺はドラマーじゃなくてピアニストなんだが、ピアニストは「自分の楽器」というのを持てないんだ。だから「マイ楽器」という概念が、わからない。

ID非公開

質問者2022/1/15 9:46

そうですね〜。人の楽器だとやりにくいので。