「ブルーブラック」があればいいのに 時々ボールペンのレビューで見ますが、 なぜブルーブラックを求めるのでしょうか?

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

1

元々は万年筆のインクの色がブルーブラックで、公文書などが経年劣化で消えない色でした。(当時の技術力では黒は消えた) 日本でも正式な書類を書くのに、濃い青~黒は使って良いことになっています。 その後、印刷の字と区別できたりすることもあり、ボールペンは欧州では黒ではなくて青が主流になっています。 現在、日本では万年筆のインクブームが起きており、同じような黒色でも微妙な色合いの違いを楽しんでいる人がいます。(会社で怒られない範囲で遊んでいる) その関係でボールペンにも色んな色をという要望が出てくきて・・・メーカーも発売することはするのですが、あまり売れずにすぐ廃盤になるんですよね。 特に、日本の筆記具メーカーは共通規格を使わずに、独自規格でユーザーの囲い込みを測るので、交換用の芯の互換性がないものが多く、それで不満がでるのです。 けれど、ブルーブラックのインクを使いたいという前提でボールペンを選べば、色々あります。ただ、殆どの人々は面倒くさがってロクに調べないので、買ってから不満が出ます。

1人がナイス!しています

1

海外だと書類のサインは青色がスタンダードってところもあるからだと思います。 日本でも黒色以外にブルーブラックも文書のサインに使えたはず。 昔、ボールペンが無かった頃は万年筆で消えない色が青色だった名残のようです。 契約書などで書いたサインが時間経過で消えたら困りますからね。

1人がナイス!しています