ID非公開

2022/1/16 22:10

77回答

算数で工夫して計算しなさいって問題がありますが、

算数222閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

数ある回答の中で最も納得のいく回答でした。 工夫する能力を養うためのものだから、そういう運用になっているということで理解しました。

お礼日時:1/22 13:35

その他の回答(6件)

2

減点されます。 算数の「工夫をして計算をする」という学習は, 「分配法則」や,たし算・かけ算の「交換法則」 「結合法則」といった『計算法則』を学習した 直後に学びます。 これらの『計算法則』と 「25は100の1/4」とか「98は100-2」といった 『数の多様な見方』を利用して 簡単に計算できる工夫をしながら解くことを 学ぶことが目標です。 演習や試験の問題では,『この学習目標が達せられたかどうか』を 評価します。したがって,工夫がなされてなければ, 学習目標に到達していないことになり,減点対象となります。 >簡単な解き方が思いつかないから、 >その解き方を考えるのりもそのまま力技で計算した方が、 >早いと判断してそのまま計算するっていうのも、 >ある意味ひとつの工夫になっちゃいませんか? このように,日頃の計算方法まで規制・強制する目的で 行なっているわけではないことは明らかです。 よほどのアホな先生でない限りは, 先に述べたような学習目標を示して授業をなさってますし, 日頃からその日の授業で何を学ぶかを耳にしていれば, 斯様な疑問はナンセンスかと思います。

2人がナイス!しています

0

普通に解いたら問題を答えていることにはならないので、もしかしたら答えが合っているという事で部分点はもらえるかもですが、✖︎にされることが多いと思います。

1

>そのまま力技で計算した方が それじゃ工夫はしてない。 よい方法や手段をみつけようとして、考えをめぐらすことが工夫です。 家の鍵をなくしたから、工夫して家に入るとき 工夫とは、 ・家族に連絡して合い鍵を持ってきて貰う ・鍵開け業者に連絡して開けて貰う などです。 力業でドアを壊して家に入るのは工夫では無い。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/1/17 0:59

おっしゃってることは分かりますが、あくまでもそれは個人の価値観になっちゃいませんか?ってことが疑問点です。 手段や方法が良いと判断するかどうかなんて、その人の感覚でしか無いのでは?と 本人は工夫したつもりでも、見る人によっては工夫してないことなどありふれてますよね。その逆も然り。 例えばですが、 12×12を 12×10と12×2にわけて、120+24で144と出すのが果たして工夫なのか? それは工夫だという人もいるでしょうが、そんなことしなくても、20までのかけ算を暗記してる人からすれば、そんなもの一瞬で出せるので工夫とは言わないという人もいるでしょう。 工夫してる計算することが条件なら、出題者が意図してる工夫で無くとも、回答者が回答者なりに工夫していればそれで要件は満たしてるってことになりませんか?

0

学校のテストなら、意図された「工夫」の内容はすでに授業で習っているかと思います。それと違うことを親があーだこーだ言うのが本当に子どものためになるのかは疑問です。 全国的な実力試験や中学入試なら、おそらく問題で「工夫して」とは言われないと思いますが、逆に工夫しないと時間がなかったり膨大な労力になったりして大変だと思います。

1

そう言っている限りは工夫があるはずです 減点されるどころかほぼ点数がない可能性があります 計算をさせているのではなくて工夫が出来るかをみているのです 珠算や暗算の教室で学んでいる人が算数や数学が出来るようにならないのは そういう工夫を考えようとしないからです 力づくの計算力を頼りにやってしまうからです 話はそれてしまいましたが ------------------------------------------------------ プロ家庭教師の私のサイトも参考にして下さい http://plaza.rakuten.co.jp/planner8/

1人がナイス!しています

追伸 他の方への回答を拝見しました そもそもあなたの考え方が間違っています 一瞬で解くことが出来るのに違う方法を考えることに 抵抗があるということを考え直さないといけないです 一つの解答へのアプローチがいくつもあった方がいいということです 先になってもっと難しい問題を解くようになった時に 一応、解答欄いっぱいに式を書いて解答でき正解だったとしても もっとスマートに解く方法を見つけるような習慣を身に付けないと 計算間違いをしたりかえって時間がかかったりします 時間が大切ということで力づくでやるという事もありますが 普通に良くある方法で 方法を頭の中を巡らしたり 複数の方法を組み合わせて考えたり する努力をすることにならないです 本当の勉強はそういうことが出来るようになることです 思考力が身に付く方が将来役立ちます クリエイティブな感覚を身に付けることが出来ます