回答受付が終了しました

ID非公開

2022/1/17 15:06

99回答

なぜ日本にはGAFAのようなIT産業が生まれないのでしょうか?生まれるにはどうすればいいと思いますか?

Linux系 | 経済、景気176閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

回答(9件)

0

公的事業を拡大し大公共事業を行い続けることです。 インターネット、GPS、電子計算機、コンピュータ、スーパーコンピュータ、AI、オートパイロットシステム、携帯電話(移動無線通信システム)、ドローン、ブレインマシンインターフェースなど、大公共事業が母体となって新産業の卵を作り出し続けている(ちなみにこの予算には実戦費は含まれない)。 つまりは新産業となるような大きなイノベーションは常に大公共事業から造り出されているもの。 近代の多くのイノベーションはアメリカが不景気だろうが災害で混乱していようが超好景気だろうが、あらゆるものを軍事に結びつけた作文を作っって、で大公共事業としてほぼほぼ何の役にも立たない研究実験を行う遊びを繰り返して、そこから新産業を誕生させている。 この遊びが行われ続けるため、毎年毎年国防予算は拡大され続け現在では90兆円に迫る勢い。 そしてそこで出来上がった技術、特許、人材などをある時点で民間移転させて市場で利用される仕組み。現在ホットな投資分野であるAI分野においても、少し前まで活発に行われていた軍需AI研究としてのプロジェクトから人材、技術、企業が民間移転して現在幅広く活躍している。 ちなみにAppleのSiriも元々はアメリカの国防AI研究から出来上がったもので、それをAppleが買ったもの。 また投資の9割以上は投資としては失敗となる。これは公的部門であっても、民間部門であっても同じ。投資というのは常に9割は失敗し、勝ち抜けた1割がその他を飲み込む形で拡大して行くことになる。 日本は緊縮財政や構造改革で公的事業縮小のための政治政策ばかりを行っている。結果、民間企業の投資も縮小し、産業は停滞し、困窮者を拡大させるばかりの自殺経済政策になってしまっている。 でも、反省できないのが日本というお国柄。 反省できないから改善がされない。改善されないから同じ失敗を繰り返す。そして責任ある立場の人が無責任でい続けられる体制なのが日本。このため毎度毎度失敗した同じような人が集まって、同じような失政経済政策を立案し、同じように失敗を繰り返し続けている。

ちなみに中国はアメリカ以上に遊びの幅が大きい。 アメリカの場合にはなんでも国家機密でまかり通る軍事国防としての大公共事業が行われている訳だが、中国の場合には共産党のやることはすべて正しいという不条理がまかり通るため、このため様々な実証実験が多くの分野で行われ続けている。 今ホットなAI分野でも中国での技術革新は凄まじく、とうとうアメリカを脅かすほどに先端技術の分野でも技術革新が進むことになっている。

0

日本は先進的、革新的技術に対して可能性を見出さずにITのみならず様々な分野で既存のものにしか投資してこなかったからです。 pcも80年代は日本の研究がアメリカよりも進んでいましたが研究者の努力も空しく研究を打ち切られてアメリカにシェアを独占される憂き目にあったこともあります。逆に何の実績もないマイクロソフト黎明期のゲイツに対してIBMがWINDOWSを採用するなどよいものはよいと判断できる優れた首脳陣がアメリカにはいます。 日本は自動車業界を筆頭に工業分野で世界を席巻していただけにそれにとらわれて新しい可能性をつぶす頭の固さが弱点だからです。

0

企業側 ・どんどんアップデートして自社サービスをよくしていくようなプロセスを組織や開発の仕方が古くて、踏めないから。 ・優秀なエンジニアは外注するので、自社内に優秀なエンジニアがいないから。

0

まあ、良くも悪くも日本は保守的。 欧州でも働いた事あるけど、結構日本並みに保守的で、バージョンアップとか新機能にも全然積極的じゃない。 新しい事を積極的にチャレンジ出来る環境や土壌じゃないと、斬新な事は出来ない。

0

日本は、先輩vs後輩、文系vs理系、大卒vs高卒などのマウント取りがさかんなので、IT産業には向いていません。Googleなどは、マウント取りで無駄な労働時間が費やされていると分析して、マウント取りが起きにくいフラットな組織にしています。エンジニアもマナージャーも平社員扱いです。マウント取りをする人は解雇されます。 既存の大企業を、フラットな組織にするのは難しいので、新しい会社をフラットな組織で作る必要があるでしょう。法律も解雇しやすくして、解雇自由にする必要もあります。