回答受付が終了しました

東京藝術大学について。

補足

ちなみに私の芸術系の大学に関する知識は一般人並みであり、多少名前が聞いたことがある程度です。 要するに予備知識はない前提として、1から説明してもらえると助かります。

回答(6件)

1

芸大日本画卒です。 学部学科専攻によって試験内容や試験でも求められるものが大きく違うので、一概に「学力が必要」「実技が本命」と言えません。 日本画の試験で言えば、ほぼ100%実技で、共通テストの結果なんかみません。 共通テストの点数見る前に、実技で合否が決まってます。 共通テスト、私の頃はセンター試験でしたが、当時、日本画の場合「国語と英語とあと1教科」受ければ良くて、一応国立だからとりあえず形だけって感じでした。 あと1教科は、現代社会とか総合理科あたりの簡単そうなのをノー勉で受ける人が多かったんじゃないですかね。 私も何受けたか覚えてないですし、国語や英語も高校の授業以外で勉強した記憶がありません。 英語すら、必須かどうか忘れていて、センター当日受けるかどうか迷ってとりあえず受けたレベルなので・・・。 芸術学科になるとそうはいかず、学力メインで、早慶を滑り止めにするレベルの人が受けに来ると聞きまして、芸大がやたら高偏差値で出てるのはこの人たちのせいだと思っています。(建築や音校の一部の科も偏差値高いっぽいですけど、よくわからん) 実技のレベルは大学によって大きく違いまして、美術予備校での浪人が必要なところもあれば、現役生でも十分目指せるところもあり、中には実技なしで受かるところまであるそうで・・本当に様々です。 芸大日本画においては、美術予備校での浪人はほぼほぼ必須です。 他科に比べ、発想力や魅力よりもコツコツ積み重ねが必要な技術力を求められるので、浪人生が有利です。 現役生は学校生活と両立しないとならず絵を描く時間に限りがあり、非常に不利です。 現役生で「どうしても美大に行きたいけど浪人はダメって言われてる」という子は、東京芸大を目指さず、学科試験の点数も見てもらえるような他の大学を第一志望にするケースも多々あります。 学科試験の点数を見てもらえるような大学なら、現役生にも分があります(そういうところは浪人生はあまり受けませんので特に)。 ちょっと関係ないんですけど、詳しくない人に芸大卒と言うと、「高学歴で頭いいんだね」と言われることもあれば、「学校の勉強が嫌で、楽な方に逃げたんだね」と言われることもあり・・ あまり情報がないから誤解されやすいんですよね。

1人がナイス!しています

気配りが広く届いた回答ありがとうございます! ※下記は完全素人の質問です。ただの好奇心ですので、完璧な内容の回答でなくて大丈夫です。 ①同じ絵なのに、「日本画は技術をよく見られる」ってのはどういうことなんでしょうか? きちんと決められた技法を守るのは当たり前にみんなやっているものだから、発想力勝負になるのではないのでしょうか? ②そもそも日本画はとは何ですか? wikiを見ましたが「伝統的な方法で描く」という認識でいいのでしょうか? ③今はどのような職業なんですか?

0

音校でも実技で決まるが、共通テストは半分とる(得点率50%)というのが基本のようですね。

0

音楽と美術がありますが 共通テスト8割とかは 座学メインの楽理や芸術学の専攻です。 なぜ、そういうデータが出るのか、は そういう科を受ける人達のみが まともな全国模試を受けているからです。 芸大の受験生は模試なんかな受けないので 予備校側はデータが殆どなく よくわかってないです。 芸大は実技で選抜していく試験方式なので 共通テストが満点でも落ちるんです。 分かりやすいのは美術学部で 描いたデッサンの氏名を封印して審査します。 それで実技の一次合否を判断しているので 共通テストとの突き付けって不可能なんです。 その合格者に対して、更に実技試験を行います。 その最後の審査で競った場合に 共通テストを参考として見る、という話です。 ただし、実技がない専攻の場合は 理論だけで受けるので 共通テストとの会わせ技で合否が出ます。 その場合は8割や9割は必要、という事ですね。 現に私はセンター試験は半分寝てましたし 自己採点すらしてません。 そんなんでも受かります。

因みに定員採らない事は昔は普通にあったようです。 私が学内で聞いたのは 特に音楽はレベルに達してない生徒は落とすので 結果少なくなりました、みたいな話は聞きましたね。 指揮科は2人?なので 今年は1人、とかいう時もあったはず。 今はシステムが異なるかも知れませんけど。

0

~この認識で正しいですか? 「勉強ができる人用の美大、音大」なのかと思ったのですがどうでしょうか? ↑ 全く違います。むしろ真逆、東京芸大ほど極端な専攻重視の大学はありません。 大原則は「専攻の上手い順」です。共通テストは勿論、副次的な科目(ピアノとかソルフェージュとか楽典とか、音楽関連の共通科目みたいなのが沢山あるんですけど)全部『足切り』です。 共通テストが国英だけなので。ちょっとした進学校なら8~9割ぐらいは取れちゃうんですよ。 でもそういうの関係無く実技で落ちるので。 予備校が出している偏差値やらボーダーやらは全て『予測』なので。別に東京芸大がそう公言している訳じゃないんです。それはどの一般大学も同じ。 それでも一般大学は結局、国数英理社しかやらんので。統計的に正確に近いものは計算出来るんです。 実技の点数なんて統計的に計算できませんよね?それをデタラメに乱暴に共通テストだけの結果で算出した結果、訳の分からない高偏差値の大学と勝手に認定されてしまっているだけです。 実際に入試を受けると。 一次試験、専攻実技のみです。当然ながらここで落ちると二次には進めません。 二次試験、専攻実技のみです。当然ながらここで落ちると三次試験には進めません。 (さらに三次まで専攻実技だけを審査する楽器もあります。) そして迎えた最終試験、残っているのはもはや受験者数の1割未満。 そこでようやく副次的な科目を一斉にやらされます。共通テストの適用もここで初めてされます。 こんなシステムなので。それでも予備校は乱暴に「落ちた全員の共通テスト得点数を計算式に当てはめて偏差値ないしボーダー」を弾き出すんです。全くデタラメな値になります。それがネットに載っているし、恐らくあなたが見た値です。 (東京芸大を射程に収めるような受験生にとっては、この事態は別に悪くもなんともなくて。 合格可能性のある受験生なんて、日本トップのプレイヤーないし指導者に付いてるので。そして現役芸大生やOBとのツテもあるので。ネットなんか調べなくても、そういう所から生の情報はいくらでも仕入れられるんです。 部外者がネットでギャーギャー言ってるだけで、受かる可能性のあるヤツは強かにプランを遂行していきます。そういう世界です。) さらに傷口に塩を塗る、東京芸大教授のお言葉がこちら。 「最終試験まで残って落ちたから、『専攻実技は良かったのに』とか言ってる受験生がいるけど大間違い。最終で落ちるのもほぼ全員専攻実技で落ちている。 たまに『聴音白紙』とか『ピアノ全く弾けません』とかふざけた受験生がいるから、そういうのを落としたときの予備として最終に少し多めに残してるだけ。」だそうです。 あなたのイメージとは全く違います。「上手ければ全て良い」「能力のある人間が正義」という大学です。「誰よりも上手い」というパラメーターに全振りしています。

①、②が質問内容です。他は適当な考察や感想ですので読み飛ばし可。 「予備として最終試験までは残してる」とありますが、審査員側の納得がいく人材が集まらなくても、藝大は定員人数分しっかり取らないといけないってこと かと思ったんですが 1割未満しか残らないのに対して、倍率が10倍を超えてる学科ってそんなにないから ①募集定員ぴったりは取らないってことですか? ②ちなみに貴方は藝大と何か関係がある職業だったりするんですか? とても詳しいように見えるので気になりました。 余談 ちょっとした進学校に通ってても、真面目に対策しないと2科といえど共テ8割〜9割は取れないですよ。

0

「共通テスト得点率8割」とかいうのは、理論系の学科専攻のお話です。 藝大の大部分を占める実技系の学科専攻の共通テストボーダーは6割前後、しかも実際の合格者の得点分布は3~4割台から9割超えまで幅広いです。特別お勉強の出来る人が集まっている大学ではありません。 例えば国公立四芸大の公立芸大やムサ多摩の方が、学科試験の配点比率は東京藝大より明らかに高いです。 それでも、それらの大学が東京藝大の滑り止めとして機能しているということは、実技試験難易度が明らかに違う、ということではないでしょうか。学科専攻や「何を評価するのか」によっては、先の方が仰る様な状況もあり得るとは思いますが。 配点比率は非公表なので誰にも分かりませんが、受験する側の対策ウエイトとしては、2:8どころかほぼ実技に全振りしていたりします。自分もセンター対策は、学校の演習授業以外には直前講座の予想問題パックだけでした。

理論系の学科とは何を学ぶんですか? それらの学科は芸術系だからという理由で藝大に学部(?)が置かれているだけで、内容としては普通の大学の文学部や経済学部とかと同じということでしょうか?