回答受付が終了しました

ID非公開

2022/1/18 9:51

1111回答

H3ロケットの開発が難航して、開発費がまた増えそうです。

補足

質問の主意は「ロケット開発をやめろ」という意見表明ではありません。 端的に言えば2点。 ・応援はおかしいだろ。夢とロマンじゃなく金儲けの話なんだから。 ・この分野で日本は勝てる見込みがあるの?あるとしたら根拠は?

回答(11件)

0

生みの苦しみというやつだと思います。今活躍しているH2だって、失敗続きの中で、失敗して海に落ちたロケットを回収できたことで失敗の原因がつかめ、その後に安定しています。 今しばらく静観しましょう。

0

他の回答の抜粋から失礼いたします。 【コストについて】 >H3開発の主目的は、価格競争力を高め国際的な衛星輸送サービスに参入することだと理解していたんですが。 H2ロケットから比べれば安くはなりましたが、アメリカが安すぎてまったく歯が立たない状況です。認識の通り、いまのままじゃ商用ベースなんてまったく無理です。 ですがこれは、日本に限らずどの国も避けて通れない通過点です。官民一体で世界最強のアメリカとて膨大な資金・人材そして失敗を経て今に至ります。もしトピ主様の質問に答えるならば、高コスト化の原因は国力の差です。 【軍事・国防について】 国防については、トピ主様の認識よりも大きな重要性があります。たとえばアメリカに衛星打ち上げを依頼する場合は、その衛星の「すべて」をアメリカに開示する必要があります。これでは軍事衛星や機密を扱えません。かといって、既存のH2ロケットは高すぎます。より低コストなロケット開発にはやはり意味があるのです。 観測データだけアメリカから買う事もできるのですが、法外な値段になります。 【日本のロケット技術の特徴】 1つのロケットに複数の小型衛星を沢山積み、個別に分離できるのは日本独自の技術です。日本国内に加え、欧州の組織と提携して低コストな打ち上げの実績もあるので、伸びしろの成長に期待したい所です。

2

それがね、世界初の革命的ロケットに挑戦しちゃってるんですよ。エキスパンダーブリードサイクルエンジンをこれまでの10倍以上に大型化するという…。 ですが仕方ないのかもしれません。米国や中国のような物量にまかせた豊富な技術の蓄積があるわけじゃない中で、商業的に太刀打ちできるロケットを作るとしたら、独自性を打ち出していくしかありません。 日本が独自に培ったエキスパンダブリードサイクルエンジンを大型の一段目に適用するという挑戦。成功すれば安価で高信頼なエンジンになることを期待したいものです。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/1/19 21:48

いやー客観的に見て単純に難しいですよね。 独自性は良いですが、構造上かなり限界に近い設計です。大型化に不可欠な熱機関の効率を求めれば信頼性は下がるし、かと言って大型化出来ないと意味がない。 予め予想されてた様に燃焼室やターボボンプのタービン翼に不具合があるようですから、現場としては頭が痛いでしょう。

0

個人的には質問者様と同様で、価格面、頻度面を考えると民需をスペースxなどと奪い合うことは無理だと思います。 例え価格面に勝てたとしても打ち上げ可能になるまでのスパンが長過ぎるので困難であると思われます。 そうですね。ですが、その様な方便をしといた方がお互い幸せになると思います。

ID非公開

質問者2022/1/19 21:53

はい。私も表では、頑張って下さい!などと言うと思います(笑) ただネット上のコメントでも皆さん優しいので、本気で勝てると思ってんの!?と言う。

1

>>・応援はおかしいだろ。夢とロマンじゃなく金儲けの話なんだから。 金儲けを応援してはいけないという理屈が分からないのと 夢とロマンが金儲けど並行出来ないと思っている理由が 良く分からないです。 金儲けであろうがロマンがあるものはありますし、 夢があるものは金儲けしてはいけないのも分かりません。 >>・この分野で日本は勝てる見込みがあるの?あるとしたら根拠は? 他の方も書かれていますが 日本のロケット技術はかなり最先端ですよ。 「世界でもトップレベルの最先端である」が根拠にならないのなら トピ主さんは何を求めているんでしょうか…

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/1/18 11:52

ロケット技術そのものではなくて、これを商業化するビジネス競争においてです。 日本の主力ロケットは技術的にはトップレベルでありますが、商業的に成功したものはありますか? そしてH3はそんな「商業化」のために開発されているロケットです。なので、誤解を恐れずに言えば価格第一です。 宇宙に衛星を飛ばせるのは当然として、いかに安くできるかがポイントなのに。 あなたがメーカーに発注して、見積もりでは100万で開発できるといっていたから発注したのに、「色々あって500万かかりました。納期も1年遅れます。」なんて言われたら、「モノ作りはいろいろなことがあるよね。応援してるよ!」ではなく「てめぇ、話が違うだろ」になりませんか? これは、宇宙に衛星を打ち上げるロマンの話ではなく、宇宙に衛星を「安く」衛星を打ち上げる商売の話。 開発遅延はプロジェクトの失敗だと思います。