歴史が長い宗教は、仏教もキリスト教もイスラム教もヒンドゥー教も 芸術的要素を含んでいるように感じられるのはなぜなのでしょうか? 逆に新興宗教は、芸術性をあまり感じないです。

宗教 | 美術、芸術69閲覧

2人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

そうだったのですね。とても判りやすく理解できました。 建物の外観ですら美を兼ね備えていて 学校などとは違う独特の神秘性もあるので 不思議に思っていました。 回答者の皆様、教えて頂きありがとうございました☆

お礼日時:1/20 15:18

その他の回答(3件)

0

芸術は宗教を伝えるツールだったからです。 キリスト教での話ですが 識字率が低く、聖書を誰もが持てなかった時代。これは聖書の中で登場する時代もそうですけど、そんな時代は、リズムをつけて聖書の言葉を覚えたり、あらんかぎりの技術を用いて聖書を表現したり、神の素晴らしさを表現しました。 ということで芸術は宗教と絡み合ってきた歴史があります。 多分、仏教もヒンドゥー教も同じ理由で芸術的なものがとても多いと思います。新興宗教はそういう歴史がないので、どうしても伝統宗教から何かを都合よく持ってくるのでなんか芸術性に欠けるんだろうな、と個人的に思ってます。

0

え、そうですか? 新興宗教も芸術に頼ってるような気がしますが。 だからこそ、壺とか絵とか、値段のはっきりしない物を高額で売ってるのでは?

0

芸術的要素というよりも、生活や技術、芸術、経済、学問を伴っています。それだけ「伝統」の中に歴史が刻まれているわけです。 新興宗教は、教義や理屈だけ、原理主義的な場合が多く、日常生活から信心や信仰が切り離されています。