新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
新型コロナウイルスワクチン接種の情報についてはYahoo!くらしでご確認いただけます。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

コロナ禍と義祖父の葬儀の出席について。 隣県に住む旦那の義祖父が亡くなりました。 旦那は出席したいと言いますが、我が家には受験生の子供がいます。 来月には私立の入試を控えています。

家族関係の悩み | 葬儀811閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます!

お礼日時:1/18 23:00

その他の回答(6件)

0

少し前に車で2時間程度のところで親戚の通夜・葬儀があり、通夜のみ参列しました。 久しぶりに会った親戚と少しお話してお茶だけ飲んで、通夜振る舞いの代わりに用意されたお弁当をこちらで食べても持ち帰りでもよいと言われ持ち帰って自宅で頂きました。 譲歩して通夜だけ日帰り。食事はしない。 ご主人がホテルステイしないなら、ご主人の個人のお金で母子でホテルステイ。

0

どちらの言っている事も正しいので、話し合いをしても纏まらないでしょう。 コロナに関しては、政治家も、医者等の専門家も意見が割れております。 しかし今は、感染者が出ない限り会社も学校もクラブ活動もほぼ通常通り行われており、大阪の松井知事も正々堂々と飲み会を開催している状況です。 尾身さん等の専門家も以前ほど、危ないとは言わなくなりました。 受験受験と言いますが、高校や大学に行っても、それが何に役立つのでしょうか?受験よりも人間らしい生活で有り、葬式くらい行かせてあげれる暖かい家庭が大事だと思います。 一方で葬儀葬儀と言いますが、ご主人の最大のサポーターである奥さまが、その葬儀には行ってほしくないと言っています。コロナについて議論しても始まらないので、今回だけは辞退して受験が終わってからゆっくりと帰省してもいいかと思います。 ご主人様と話し合いするしかありませんが、葬儀に出たら息子がコロナになるリスクがあるとかクラスメートにも感染させるとか等々の飛躍的な可能性の事を言って、議論を白熱させずに、 一途に「何が正しいとかの理屈を抜きにしたお願い」もしくわ「理屈は貴方が正しい、けれど私の我儘のお願」だととして、ご主人に情熱を持った願いをしたらどうでしょうか? 葬儀に行かないか、行くとすれば5日間ホテル暮らしをお願いべーすでしてはどうでしょうか?

受験がこの先の人生の役に立つかどうかは子供本人がいずれ実感するものだと考えます。 ただ、子供は受験に向けて、自主的に色々我慢して頑張っているので、親としてはできるだけ万全の体制でその日を迎えられるようにするしかない次第です。 他の方にも回答しましたが、ホテル住まいは旦那から現実的ではないと却下されました。 5日も滞在する費用もバカにならないし勿体ない、立地的に職場からも遠くなるから通うのが大変。 とのことでした。

0

別に息子さんは行かなくても良いじゃない。 息子さんからしたらほとんどあったことのない曾祖父ちゃんなんでしょう。 だったら夫婦二人で行ったら良いじゃない。 子供は勉強し大人は葬儀に参列で確定です。 子供のご飯ぐらい前もって作っておけば問題ないでしょう。 カレーをたくさん作っておけば2日ぐらいは飽きずに食べますよ

子供を残しても親が参列して感染したら子供にも感染するリスクがあると思います。 息子ははじめから欠席予定です。 問題は感染者数の多い県からの親戚が来ることと、葬儀の後に食事会をすること。 旦那は食事会にも参加したいと言ってます。 恐らく、お酒も出ると思う。

0

最後のお別れをしたいのは当たり前のこと。 受験生を守りたいのも当たり前のこと。 葬儀後.5日から7日のホテル生活をしてもらったらいいのでは? 問題解決はそれしかありません。

1

心配する気持ちはわかるのですが反対する相談者さんも無理を言い過ぎだし、従兄弟たちに会いたいってフル参列しようとするご主人も家族に気遣いが足りないかな、と。 参列自体は、最後ですからさせてあげた方がいいでしょう。結局お子さんが全不合格だったら(例え話です)ご主人だって突っ込みたくなるでしょうし、そんなことで一生恨まれるのも馬鹿らしいです。 フル参列してみんなと実家滞在ではなく、ホテルに滞在するとか、参列せずお祖父様とご挨拶できたら失礼するとか、夫婦の落とし所を決める方向で話し合えるといいですね。

1人がナイス!しています

この返信は削除されました