ピストンのオイルリング溝にある穴なんですが、あれを拡大加工するのは不具合おこりますか?

車検、メンテナンス | 車検、メンテナンス246閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

起こりうる可能性 強度低下、オイル消費 それに加え適切なオイル交換で詰まることは少ない 全てをお答えいただいたのでベストとします。

お礼日時:1/20 11:49

その他の回答(9件)

0
ID非公開

2022/1/19 14:27

試しにやってみてもいいですが、効果が出るとか、わかるものではないでしょう。

1

オイルリング穴拡大するなら 3本セットのオイルリング使えばいい 薄い上下のリングと真ん中がエクスパンダータイプ カーボンで固着し難いと思う

1人がナイス!しています

0

可能性としては、オイルが多く入ることにより、オイルを食ってマフラーから煙が出ることと、ピストンの強度不足になり、変形などにより圧縮漏れが考えられます。 出来るだけオイルをまめに変えれば問題も出ないと思いますが?

1

不具合あるか無いか試験しないと分からないです 分からないことをやるのはリスクが伴います リスクが伴う事はやらない方が良いです それでもやる時は公道じゃなくベンチでテスト 個人で出来るものじゃない

1人がナイス!しています

0

ダイハツのKF型エンジンの場合、全てを見ている訳でもありませんが、ある時期からオイルリング溝の穴サイズ変更とオイルジェット追加になっていると言った情報を目にした事があります。 素人が下手に加工するものでは無いですし、メーカーが対策として乗り出しているならメーカーなりの根拠があっての対策です。 そのため部分加工ではなく、やるなら変更された物を使った方が良い。 あくまでもダイハツのKF型エンジン限定の話にもなりますが、やるなら中古もしくは新品エンジンを手に入れて腰下のみ組替える形としなければなりませんが。 現在主流の省燃費エンジンの場合はスラッジ汚れに敏感と言えば敏感。 他の方も回答している様に、オイル交換サイクルや管理をしっかり行えば防ぐ事が出来る可能性が高い。 オイル管理が悪いとピストンのオイル穴のみならずピストンピンやコンロッドにも影響が出る可能性もありますから。