回答受付が終了しました

tsmcが熊本に進出する以前に日本はそこそこ半導体は主力産業だったはず。ところがいつのまにか廃れて現在…何故そうなったのか国内半導体産業の栄枯盛衰を詳しい方分かりやすく教えてください。

1人が共感しています

回答(4件)

1

おー、素晴らしい質問ですね! 返事、 実は、産業のコメといわれる半導体産業を 日本はきっちり守って発展させなければ、 日本の未来はない!?とも言われています。 で、最近のニュース記事を見ますと、まずは米国は、インテルを半導体の柱にしようとしています。 プラス、 米国はTSMC工場を自国内に作らせて 自国内での半導体不足のリスクをなくそうとしています。 と、同時にその技術を国内(インテル等)に徐々に移転させようとしています。 さて、日本ですが、 日本の政権は4000億円のお金を払ってTSMC様、日本に来てください~!? と、誘致しています。 日本の政権はTSMC工場が国内に出来れば半導体不足のリスクが減ると思っていますが、 大きな間違いです、 TSMCが日本国内に作る工場は20ナノぐらいのチップの工場で、 それに限定されますし、 その製造技術は日本の企業が持っていますので、 わざわざ4000億円も払ってTSMCに日本に来てもらう必要は全くないのです。 政権政府はどうして外国の半導体製造請負会社のTSMCの工場を日本に誘致するのでしょうか? しかも4千億円も主に外国の企業にプレゼントするの? 国が4千億円を中華系半導体企業にプレゼントして熊本に工場を誘致!? で、ソニーにとの合弁事業とさせる、 これはソニーの持っている革新的立体ディスプレー技術、立体ホログラムを 結果的の中華系企業のTSMCの移転させるもの? この技術で人々はアイドル歌手の立体映像ビデオ機器を先を争って買い求めることになるでしょう!? かくして日本の核心技術はまたも中華に移転させられて、 日本企業は価格競争で敗退させられるのが明白である? つまり、くまもとの工場なんて、 国が5千億円投資して日本の企業の半導体工場を作れば良いだけですのに、 どうして中華企業のTSMCなの? 補足 過去にも同じような事案が有りました。 こちらは経産省の指示で、工場を逆に台湾に移転させられました!? 産業のコメと言われる半導体産業ですが、国産Dラムメーカーのエルピーダメモリーを 経産省は資金援助してテコ入れしたけれど、資金援助の見返りに 経産省の指示で台湾に国策のDラム製造工場を移転させられ、 台湾に生産技術がすべて持って行かれて、 台湾工場から技術がメチャクチャ流出して、 というか、昼間に工場でエルピーダの商品をつくり、 深夜に同じ設備でコピー製品を大量生産した!?(これは妄想都市伝説です、念の為) 結果コピー生産品が大量に市場に出回り、コピー商品は安売りをする為、 結果、エルピーダ社のDラムは売れなくなり、 販売不振で倒産し、 何とそのエルピーダは中国資本に買われてしまった。 これって、原因は、経産省が国策半導体Dラム工場を、 台湾に移転させてしまったのが原因じゃーないでしょうか? いかがでしょうか? TSMCをはじめ、該当国政府は、税制優遇策をはじめ、徹底した資金援助をして、 半導体産業を強化したのですね? 日本は、政権政府が、半導体産業に対する税制優遇や、徹底した資金援助、 そういったものは一切行わなかったから、生産コストが高くなり、 そして、赤字を重ね、競争に後退して行った。 しかし、今でも日本の半導体諸技術は世界一で、 今なら政権政府が、国策として徹底的に援助すれば、 数年で世界一に帰り咲くことが出来る、 しかし、今ここで国産半導体が技術がみんな外国企業に持って行かれててしまえば、 それはもう日本が、技術立国としてやっていけないことを意味する!? 今回政権政府や経産省が日本に誘致すると言われている台湾のTSMCは、不用で、 外国企業のTSMCに4000億も払って誘致する必要性は全くない! そもそもTSMCって何なの? 技術が優れているって本当なの? TSMCという半導体企業は ①本当は自社技術は何も持っていなくて 、 その半導体製造装置は日本の芝浦メカトロニクス製、 露光技術はオランダのフィリップス関連の製品、 そして旭化成や信越化学の技術製品が,TSMCの生産に必須の技術。 ②さらに、TSMCの微細加工技術は既に技術の限界に来ていて、 これ以上微細化すれば、製品エラーが続出して使えなくなる。 ③そこで、イビデンの2層化、3層化技術が世界で一番重要となってくる! 今回のTSMナントカの日本工場には、そのイビデンの技術が使われる、 (国策技術の無償提供?) おそらく政権トップ(実は宇宙人)?からの命令、 ④過去にも、イビデンのCSP技術が政権トップの命令により、サムソンに与えられた実績ある。!?(注・宇宙人都市伝説) ⑤その為、イビデンは世界販売低価格競争でサムソンに負けて大きな痛手を受けた。 今回もそれを再現。!? ⑥日本の最後の砦の国策技術がかくして宇宙人政権トップの手によって、 TSMCに無料で持って行かれる。!? 話しが飛躍しましたので元に戻しますが、 10ナノ以下の配線技術は日本企業は必要としていない、 日本が必要としているのは、自動車等に搭載するパワー半導体である。 その工場はルネサスなど国内にある、 国内企業を税制優遇して、そして経営を資金援助すれば日本はやって行ける。 外国企業のTSMCに4000億も払って誘致する必要性は全くない! ⑦政権政府はその4000億円を使って日本の半導体企業に援助して熊本に国産の最先端半導体工場を作るのがベストな選択である!? いかがでしょうか? 補足 どうして外資誘致なの? だって日本の半導体製造プラントは世界一です、 日本の半導体企業に4千億円出して、熊本に半導体工場を作る、 そうすれば、日本はハッピーです。 だって中華系企業のTSMCって 日本からの設計図に基づいて半導体生産を請け負う工場でしょう? その工場のプラント製造機械は日本製でしょう? まあ露光装置はオランダの会社製造ですけど、 じゃー政権政府は4千億円を出して日本国産の半導体製造工場を作ればよい 日本で作るのだから人件費は同じ、製造原価も同じ それから 米国がTSMC工場を米国内に作らせるのは、 TSMCから技術を米国に移転させる目的 でも、 日本がTSMCを日本国内に作らせると TSMCに日本の高度技術をすべて移転させてしまい、 日本の国策技術がそのまま中華の技術になる それを政権政府は承知の上で、TSMC工場を日本に誘致しようとしているの? 補足、 都市伝説では、 4千億円のうち2割が日本の政権トップと官僚にキックバックされるそうです!?(注・知人の妄想都市伝説です) 以上、ご参考まで。

1人がナイス!しています

1

ソニー(ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング)が九州だと熊本、長崎、大分県に半導体製造拠点を持ってますね。 かなり儲けてると思います。特にスマホ、車載カメラなどデジカメに必須の光を画像に変換するイメージセンサはソニーが世界市場の半分くらいを押さえてNo.1。 ソニーが TSMC の協力者です。 アメリカの半導体サプライチェーン構想が、台湾+日本+アメリカ。 TSMCは半導体製造受託企業ですね。 超微細加工技術でいまホット。サムスンが周回遅れと言われてます。 Apple が近年、CPUを独自設計のM1に切り変えてますが、TSMCに製造委託しているはずです。 世界で半導体不足と言われてますが、旭化成マイクロシステムの半導体工場火災、ルネサスエレクトロニクスの半導体工場火災が拍車をかけました。不足してるのは制御用半導体ですね。 日本が競争力を失ったのはDRAMですね。 サムスンの主力がDRAMなどのメモリ製品ですが、DRAMは供給>需要となって値下がりしてます。 日本は韓国に対して半導体輸出国です。

1人がナイス!しています

1

このあたりで解説されています。 https://www.fn-group.jp/2719/ かいつまんで説明すると日米貿易摩擦、日米半導体摩擦が原因です。といっても争点になった日米半導体協定はDRAMに関するもので、パワー半導体やチップコンデンサ等では日本勢は比較的競争力のある地位を保ち続けたと思います。

1人がナイス!しています

1

日米半導体協定 日本からアメリカへの輸出規制が行われた結果、日本は韓国で最終工程を行ってアメリカに輸出するというカタチで半導体メーカーと原材料メーカーを守りましたが、韓国生産工場が技術を蓄積し、日本メーカーが衰退して今に至ります。

1人がナイス!しています