ID非公開

2022/1/19 17:55

55回答

それまで勉強面で特別パッとしていなかった凡人でも、なぜ「頑張れば司法試験予備試験に独学で2年以内に合格できる」などと思ってしまうのでしょうか?

補足

あともちろん、有名私立高校で常にトップクラスの成績をおさめていて東大文1にストレートで合格したような人がそう思うのも理解できます。 一方で、これまで自分なりにまじめに勉強してきたのにパッとしてこなかった人が、急に人並外れたことができるとは思えないのですが。

資格 | 法律相談273閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/1/19 18:56

ライバルの存在は、眼中にないのでしょうね。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様、ご回答をいただきありがとうございました。 女性はともかく男性は、いくつになっても、自分の器をわきまえない幻想を抱いて行動するものなのですね。 特に年齢が高くなると、難関資格合格は、年下異性との結婚と同様に困難になる現実を心に刻んでおきたいものです。

お礼日時:1/23 20:19

その他の回答(4件)

0

後先を考えないから今があるだけなんですけど…ドラマの見過ぎとか自分も出来ると勘違いしてしまうって一種の頭の悪さですかね… 走っても周回遅れが取り戻せないように同じ時間を勉強して使っていない分無駄も多いことにも気づかないのかもしれません。 偏差値40から慶應に受かりたいなんてのも同じです。スタートラインの違いに気づかないっておめでたいです。

ID非公開

質問者2022/1/23 18:37

司法試験や慶応大学に絶対合格できないなどということはないと思っていますが、本来持つ頭の良さには個人差があります。 凡人は天才よりも多く努力しなければならないし、出遅れがあればそのハンディを埋める必要があります。 自分だけは特別な人間と思っている人が多すぎます。

1

リアルを知らないからでしょう。具体的なイメージができないんでしょうね。 「1日5時間」とか「7時間」とか、平気で勉強できると思っているからじゃないですか。 それを継続して700日以上も続けること、実際にその学習してきたものを本番で100%出す方法など、 イメージできずに単に5とか7とか10とかいう数字を見て、意外とできるんじゃない?と思うのでしょう。 でも実際は1年で500時間勉強するのでも結構な(特に働きながらとかだと)学習労力です。 でも、実際はそういうイメージ力のない人たちが経済を回しているから、難しいものです。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/1/21 16:42

1日8時間など、2年間も継続することは、実は至難の業です。 そもそも金をけちって「独学」を選んだ段階で、合格への本気さを疑います。そういう人は、1年もたたないうちに飽きてしまい、やる気を失います。 実は、私の知人がそうなのです。 ユーチューバーのカワノゲント氏や大平光代さんなどを例に挙げて、「司法試験であれば相手に不足はない。俺もすぐに合格できる」などと当初は威勢よく言っていたが、もともとそんなに頭が良い人とは思えなかった(論理的思考力に劣ると感じていた)ので、案の定です。

1

予備校の責任です。 頑張っても受からない試験をまるで誰でもやれば受かるかのように広告してるからです。 冷静に考えたら、ライバルは東大を筆頭に日本の文系最高峰の学歴ホルダー達で、合格枠も多くはないのに受かるわけはないです。 でも予備校は無責任に最短ルート、誰でも受かるっていいます。 断言しますが、偏差値が60未満、経済的に余裕がない、元から頭が良い 人じゃないならほぼ受かりません。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/1/19 18:54

短期合格の場合、予備校のカリキュラム自体がとても厳しいので、付いていけない人が大半でしょう。 予備校を利用しても必ずしも合格できないのに、「独学で2年以内合格」など、まさに夢物語です。

1

自分を過信するか 世の中を甘く見ている人でしょう そういう人も結構います。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/1/19 18:56

人は「自分だけは特別」と思ってしまい、長い年月を経て、「自分も結局凡人にすぎなかった」と気づくのでしょうね。