回答受付が終了しました

プラスチックの寿命は数百年だそうです。

工学 | 模型、プラモデル、ラジコン1,336閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

回答(20件)

2

間違いです。 理論値は信用してはいけません。 LEDも4万時間切れないと唄ってましたが近年玉切れが頻繁に報告されるようになってきました。 プラスチックを作ってから風化環境下において数百年間 経年試験した結果はまだ歴史上存在しません。LEDもそうです。発明から4万時間点け続けた経年結果は存在しない時代から理論値だけが先行してました。 実際には理論値との乖離があるから実現してないのです。 飛行機、船などもそう。 海水などで分解しますし、安全上必要な耐圧性、気密性も確保できません。 海水でナノレベルまで分解されて拡散してしまい魚が食べます。 これは近年、環境汚染危険度カテゴリでは最大級のリスクとして定義される程の問題になってます。 いい例はプラスチック消しゴムです。 プラスチック製品の上にプラスチック消しゴムを置いてしばらく放置してみてください。 忘れたころに見ると、両方の製品は融着して分離不可能になります。 これは環境次第では 早ければ数日で起こる場合もあります。 プラスチックは今の技術力ではまだ取り扱いを万能にはできないので現状の科学力では無理ですね。 この先 人類の技術が進歩したらそういうものも多く出てくる可能性はあります。 しかし、そこで懸念されるのが石油問題です。 植物性由来のプラスチック製品開発へと歴史が動いていて、これは実質 後退とも言えます。 技術の進歩は一進一退ですから それが実現する時代まではまだしばらく時間がかかるでしょう。 数十年か、数百年か。

2人がナイス!しています

ご回答ありがとうございます。 確かに私の家のLEDも最近点滅し始めたので交換しました。まだ3年くらいだと思います。 私は実はその、マイクロプラスチック、という事に甚だ疑問を持っています。 元々炭素なんだから自然に分解されるのではないか、と。 それから石油問題と書かれていますが、それはどんな問題なのでしょうか?

0

すでにプラスチックボディを採用してるクルマがいくつかあります。プラスチックボディを使えばぶつけてもえくぼが出来にくく、コストを抑えられ、安く販売できますがその代わり細かい問題が出てきやすいらしいです。写真のサターン SC2クーペと言う車もプラスチックボディを採用している車としても有名ですが利点よりも欠点が上回っている車として有名です。

画像
0

軽いのは確かです。 マイクロになっても組成がそのまま残り分解されにくい点でも、たしかに寿命は長いとも言えなくない。 ただ、確かに金属のように錆びませんが温度変化や電磁波の影響で劣化はします。 組成によっては水にも弱く、膨張か安い分解など、必ず変化が起きます。 よって金属と同様に万能ではありません。 「残るものもある」程度の認識です。 プラスチックは総称で、細かい組成は様々あります。 そして金属と比べるととても「丈夫」とは言えません。 構造耐久力が無いと言うか… 金属と同様の強度を持たせるには大きく重くなる、という感じです。 「必要なところに使う」これに勝る使い方は在りませんよ… 乗り物である以上、熱や振動や導電性や…様々な条件が有るわけですから。 金属の他、セラミックやガラスなどとも合わせ、プラスチックも含んだ複合的なもの、というのが主流でしょう。 「カーボン」と呼ばれてる車用部品がまさにそれですから。 細かいこと言うと「鉄板+塗装」の車のボディは金属とプラスチックの複合体です。 URLについて、それを「寿命」と言ってしまうのは語弊が沢山ありますね。 余談ですが割と最近「PETを分解できる細菌がいる」っていうのを見た記憶が在りますね。 また、マイクロプラスチックは目に見えないサイズです。 農作物や海産物経由で食べる量が増えているというデータも見たことが在ります。 吸収せず排泄出来てれば良いですが、蓄積したりなどで今後影響が出ないとも限りませんから問題とされてるんです。 私の個人的な考えでは、こんなとこでしょうか。

ご回答ありがとうございます。 私はマイクロプラスチックの「存在」そのものに疑問を持っています。 目に見えないから騙す方も騙しやすいのではないか、と思っています。 ウイルスと一緒です。 今までマイクロプラスチックのせいで病気になった、とか死んだ、という話は聞いたことがありません。 温暖化と一緒で、「将来はこうなる」という「予測」しかないので、全く信憑性に欠ける、と思います。 そしてその寿命が何百年、というのは全くもって馬鹿馬鹿しい話だと思いました。

0

確かにーって思うけど今プラスチックから出てくるマイクロプラスチックが問題?になっててプラスチックはやっぱりいけないな!っていうのを学校の授業で習いましたよ なのでどれだけ長く使えるかとかを見てみると良いことが多いですが環境的に見てみるとマイクロプラスチックが今より増えることになってちょっとヤバイと思います

ご回答ありがとうございます。 マイクロプラスチック、と言いますが見たことありますか? それから健康被害と言いますが、健康被害が出た人がいますか? 何でも細かくしたらすぐに消滅してしまいますよ。