回答受付が終了しました

ID非公開

2022/1/20 7:46

1010回答

消えるボールペンに、大事な書類などには使わないでって記載があるのですが、大事な書類だからこそ、誤字をしたら消えてくれないと困るから(修正テープ使う訳にはいかないですし)、だからこそ消えるボールペンを使い

文房具327閲覧

回答(10件)

0

他の方が書いてる理由に追加しますと、フリクションは経年劣化により文字が薄くなったり、結果読めなくなる可能性が高いです。

2

フリクションは60度以上の環境になると透明になります。 郵便で出した際にトラックの中だったり、お馴染みの郵便局の箱バンで運ばれるかと思いますが、夏場だと車内が高温になり、インクが薄くなったり、或いは消えたりする恐れがあるため、そのように書かれているのだと思います。 また、希だとは思いますが、北海道や東北などで書類を外に出した際に一度消した所が復活してしまうということです。 -20度以下になるとまた復活してしまうので消した意味がなくなってしまいます。 使いたい気持ちは理解できますが、普通の油性か水性のボールペンを使って下さい。 僕は病院職員をしていますが、ワクチン接種の際の予診票にフリクションボールで書かれていたことがあり、「ん?これフリクションじゃない?」と気付いたことがありますが、見落としていたら大事になっていました。 恐らく、フリクションを使ったことがない事務員は気付かないと思います。 事務員の立場からしてもフリクションは控えて頂きたいところです。

2人がナイス!しています

0

気持ちは分かりますが、その消える温度が意外と時々現れるんですよね!夏の車内に放置してしまったら一発です。自分の車なら自分の責任ですが、配送中にあたたまったら?書類はクール便では送りませんよね。万一全てが消えたら?白紙の重要書類が届いたら受け取った方もびっくりですよね!

1

消えるボールペンは、熱で色が透明になるだけで、インクは残っています。 ですから、ストーブなどで温めたら全部消えますし、逆に冷凍庫などに入れると色が戻ってしまったりします。 消した上から文字を書いた時、冷やすと前の文字と二重に書いたようになってしまいます。 長期保存時の耐久性にも問題があるため、書類に使うのには不適当なんですね。

1人がナイス!しています

3

間違ってます。 間違えた場所が消えるだけなら良いけど 書いたところ全部消えるんですよ。 そんなボールペンで書いてどうするんですか? 何がしたいんですか? 困るのはあなたではなく、その書類を提出された人ですよ。 逆の立場ならどう思うか、それを考えてみてください。

3人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/1/22 20:21

消えると言っても消しゴムでではないですし、消えるボールペンだとすぐ理解する人も多くはないと思います。後、熱で消える環境なんてそんな事滅多にない気がしたからです。 でも、提出された人の気持ちになるのは理解出来ました。