相続税を現状のまま残し、贈与税を廃止したら社会、経済にどのような影響がありますか。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ほかの皆さんも回答ありがとうございます。

お礼日時:1/27 10:21

その他の回答(4件)

0

回答。質問文が成り立たない。 相続税を現状のままにできない=贈与税を廃止したために 相続は死亡時と、贈与は生前と、同じもので課税するタイミングがちがうものです。 名義とか所有についての考察が不十分である。 >相続税を現状のまま残し、贈与税を廃止したら 相続税を払う人がいなくなる。税金収入が減る。 合理的に贈与、節税ができる。 相続税を払うことになる人は?事前に? 贈与する。=相続財産を減らす=相続対策が楽にできる

0

贈与と言う行為は親から子へだけではなく、例えば親族関係の一切無い個人間でも可能ですし、子から親への贈与も可能ですからね。 後者の関係を相続税のみで規律出来ないので廃止には出来ないと思います。 親から子への贈与にしたって、40代にした贈与に対して相続税を課すのもおかしな話ですしね。

0

税収は減るけどお金を使う人が増えて経済は活性化するだろうね。 それと格差が広がる。