昔のスピーカーは音質が良いという人が多いですが、私は最新のスピーカーの方がいい音が出ると思います。今のスピーカーと昔のスピーカーのメリットデメリットを教えて下さい

補足

バブル時代のスピーカーと現在販売されているスピーカーの差を知りたかったので質問しました。

オーディオ2,144閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さんとても詳しい人が多かったので悩みましたが、一番分かりやすかったのでこの回答にしました

お礼日時:1/25 5:50

その他の回答(12件)

1

昔の音が良いとか、今の音が良いとか、簡単には言えないと思います。私は、今のスピーカーも昔のスピーカーも、どちらも時代を反映した良い物が沢山販売されていると思います。 昔、バブル時代にはハイパワーで駆動してこそのマルチウェイスピーカーが大流行しました。日本の住宅事情にそぐわない様なハイパワーで高性能なスピーカーが次々と開発され、飛ぶように売れましたが、いまではその様な物は衰退してしまいました。世の中が大きく変わったからです。 時代の経過と共に、高齢化が進んだり、単身所帯数が増えたり、高性能イヤホンが開発されたりと、部屋で大音量で聞く必要が無くなったからです。 それにかわり、現代では小さな部屋で少ないパワー、小音量で駆動しても高いパフォーマンスが得られる物に主役が変わってしまいました。ですので、単純に音が良いとか、悪いとかの比較は無理だと思います。 それにたとえば、JBLでピアノソロを再生させたとした、完全な宝の持ち腐れ状態でしょうし、タンノイでビッグバンドを再生させたらこれまた最悪のミスマッチだと思いますから、単純に音の善し悪しを語るのは、スピーカーに気の毒、可哀そうだと思います。 今でも昔でも、各メーカーは時代に沿った、良い物を開発、販売されていると思います。

1人がナイス!しています

1

それは、比べ方によるでしょうね。 同じ金額で比べれば、あまり変化はないと思います。 バブル期には高額なスピーカーがごく普通に売れていました。値段に相当するかどうかは別として、今売っている物よりははるかに高音質のものが売れ筋でした。たぶん、オーディオに一歩足を踏み込んだ人が買うのは50万円前後のものだったと思います。私自身も予算40万円で長い間いろいろ物色していて、結局80万円のを買いました。1990年ころで、当時としてはちょっと高いかなというくらいの感覚です。 20万円以下のスピーカーもありましたが(NS-1000とか)、入試の合格祝いに買ってもらうコンポの一部というような、マニアじゃない人が買う商品の一部だったと思います。 もう一つは、今は真面目に音質を重視してオーディオ機器を作っているメーカーが無くなってきたという事もあります。単に色物的に変わった設計をして高い値段をつけ、音質が値段に追い付いていないという商品が多いと思います。オーディオが下火になってきて、音質に気を遣うユーザーが少なくなったからかもしれません。 廉価版(10万円とかのあたり)で比べれば、商品の数が増えた分今の方が選択肢が多くて気に入ったものが見つかる可能性が多いかもしれませんね。

1人がナイス!しています

1

スピーカーは楽器のようなものと思えば、そうです。 年代物でも価値のあるスピーカーはあります。 お金と興味のある人は、その時代のスピーカーとアンプでレコードを聴きます。

1人がナイス!しています

安物に良いものは、ほぼ無い 高いからと言って、良いとは限らない 私は古い物を中心に集めて、現代の高級レベルのスピーカーと比較しています。

1

物による、としか言いようがないです。 昔のスピーカーのデメリットは、時代によっては劣化していること。 あまりに古いとメインテナンスもままならないこと。 あとは、物次第。

1人がナイス!しています

2

>私は最新のスピーカーの方がいい音が出ると思います では例として具体的機種名型番をいくつか上げてみて・・・。

2人がナイス!しています