回答受付が終了しました

ID非公開

2022/1/20 14:16

4141回答

切れない包丁の方が怪我をする

1人が共感しています

回答(41件)

6

切れない包丁は切れる包丁より力が必要でその上ズレるから危ないって事です。 それでも怪我をするという事は狙った所にまるで行かないかそもそも正確に狙ってもいないんだと考えられます。

6人がナイス!しています

5

切れない包丁ばかり使っている人が、よく切れる包丁を使うと怪我をする事が多いし、切れる包丁しか使った事がない人は、切れない包丁を使うと怪我をしやすいのです。 包丁の切れ味は自分に合ったもの、慣れたものを使う事を強くお勧めします。

5人がナイス!しています

5

切れない包丁で何故怪我をするのか。 それは、 切れないから無理やり力を込めて切ろうと無理するから。 切れないので食材が滑ってしまったり、 手が離れたりして結果切れはしないが、刺さったりして 怪我をする。となる。 ただ、その考え方はプロの目線であることに間違いはない。

5人がナイス!しています

1

切れすぎても切れなくても危険だと思っています。 中ぐらいに切れるのが一番。 切れすぎると、思わぬところで切り傷を作っている。まさかこれで切れるわけないと思っているので。 切れないものだと、包丁が切るより先に、物がずれて横滑りして危ない。

1人がナイス!しています

2

私も、『切れるように、きれるように』研ぐと、指を切ってしまうので、今は、『切れないように、切れないように』研ぎます。 一度は、野菜を切っていたとき、わずかに、内向きに行ったなと思ったときは、人差し指のツメと先っぽを、すっぱり。 切れる様に研いでいたので、痛みはなく、徐々に血がにじんできて、それからじゃんじゃん出てきました。 あわてましたが、それから、シケツシテ、テープを巻いて、それから、切った先を、食品の中から無事、発見しました。 怖いですよね。

2人がナイス!しています