ID非公開

2022/1/20 22:40

1010回答

服飾専門学校、習い事のことで質問です。 私は今休職しており、毎日刺繍や裁縫などをして過ごしています。 28歳女です。 ここ数年でかなり刺繍や裁縫にはまり、

専門学校、職業訓練 | 手芸480閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0
ID非公開

2022/1/20 22:56

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさんありがとうございました! 経験談も含めて詳しく書いてくださったので、ベストアンサーに選ばせていただきました。 ありがとうございます。 教室に行ってみる、専門学校の資料を集めるところから始めたいと思います。

お礼日時:1/26 19:41

その他の回答(9件)

0

私の専門学校では夜間もありました。 学ぶ時間も短く通う年数も昼間より長いですが、ちゃんと卒業も出来ますしね。 ただ生地や材料費も自費なのでその辺掛かります。 自分で買い出しですし。 毎月課題があり、それを作って行く形ですね。 その課題を1年通して完了させないと上の学年へ上がる、または卒業は出来ません。 型紙から学び、作製と。 基礎から学びたいなら良いと思います。 興味があるなら見学行ってみては。 夜間の。

0

私は介護科の専門学校卒業なのですが、現在夜間介護科が無くなっていること・総合専門学校で校名に福祉と入っているのに、介護科以外の福祉学科と速記前身の学校なのに、速記科も無くなってるんです。 前置きはさておき、夜間の専門学校があまりないかもしれません。 趣味と仕事にするのでは違うこともそうですが、洋裁より刺繍関係の趣味の講座ユザワヤ学院・NHKや新聞社のカルチャースクール・ユーキャンなどを取り組むと、お教室講師位は出来る様な民間資格と言うか民間認定は受けられるかもしれません。 刺繍教室の講師として生計を立てるのは、カルチャースクールに就職しないとでしょうね。 個人で教えるのはサロネーゼさんみたいに結婚し、日中自宅をお教室として開放し、生徒さんを招き入れる形にするか、地区センターなどの会議室を借りながら生徒さんに教えるかの道がありますが、前者はフリーランスになりますから経営者として成り立てば良いですが、後者は半ボランティア活動になりますからね。 手芸関係ではないですが、アロマ講師をしていた女性が派遣社員として同じ派遣先でご一緒しましたが、アロマ講師の仕事だけでは食べられない様でしたね。 知っている経歴は某ブランド会社社員→カルチャースクール講師→独立しサロネーゼをしていたが派遣社員としてWワークをしていた様でした。 刺繍はやはり趣味として楽しんだ方が良いでしょう。

回答本文に書きましたアロマの先生は自身は独身でしたが、妹さんがバツイチ一人娘アロマの先生からすると姪っ子と同居していて、ご自宅をアロマ教室として開放していた様でしたが、アロマの先生は病弱なお母様を学生時代に亡くし、女性としてのマナーを身に付けられずに大人になっている節があったり・攻撃的な人格があったりして…生徒さんとの関係が良好であるとは思えないんですよね…。 難あり人物だとお教室を開いても体験教室は埋まるけど、他は閑古鳥が鳴いている状態になってしまって、地区センターなどの自治体関係の趣味講座講師を登録しているだけになってしまうとかも考えないといけないかと思うんです。

1

洋裁は楽しいですよ。私は服飾専門学校に通ってました。夜間は知りませんが。 週4日ほどのバイトだったら大丈夫だと思います。専門学校の課題は全然キツくないです。ただ、私の場合は服飾造形以外の授業がキツかった。パターンメーキングとかデザイン画とか。基本洋服を作って縫う授業はとても楽しかったです。 職業用ミシンを買って、家で課題をやることもありました。出来ればあの頃に戻りたいくらいです。服作るのって楽しいですから。でも、仕事にするのは難しいと思います。手に職をって言いますが、服飾関係の仕事をするのは難しいと思います。 お金にならないし。

1人がナイス!しています

1

甘い考えだとは思いませんが、まだ若いのにもったいないなと思いました。 私は洋裁の勉強がしたくて、30歳で社会人を辞めて職業訓練校のアパレルパタンナー科に入学しました。 (夜間の服飾学校の話ではなくてすみません) とにかく課題が多く苦しく忙しい毎日でしたが、通って良かったと今でも思ってます。 洋裁の勉強は厳しいけど、技術を取得したら一生の宝ですよ。 今私はミドルの年代ですが、アパレルで企画職についてます。その時の技術や知識が役にたってます。 職にするか趣味にするかは置いといて、興味があるならチャレンジしてみていいと思います。 苦労の先に質問者様の求めてるものがあるかもしれないですし。 あと洋裁をする身としては、洋裁をする人が増えることは嬉しいと思ってます。 服作りを楽しんでください♪

1人がナイス!しています

1

〇〇洋裁学院に、仕事帰りに週一で通いました。 製図から習って、手順は習うけど、縫い方は習わず、皆自宅で縫っていきます。 休みの日と帰ってからの夜間は毎日縫ってました。そうでないと間に合わない。好きだからできるけど。 ある程度縫える人でないと無理かもしれない所でした。 カリキュラムは決まっているので、作りたいものではなく、一通り習います。 習ってよかったですよ。 どこからどのように教えてもらえるのか、見学できるといいですね。

1人がナイス!しています