ID非公開

2022/1/21 19:39

22回答

音源と音盤の違いがよく分かりません教えて下さい

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(1件)

0

音盤は物理的実体を持つ「ディスク形態の音楽を記録した物体」だけを意味するが、 音源は現代に来て大衆音楽市場の主流媒体となった「デジタル音源」を意味する。 一言で言えば、レコードは実体のある物体で、音源は実体のないデータ。 過去には、アルバムがSPとEPで始まり、LPの登場で全盛期を成し遂げ、カセットテープや今日でもよく見られるCDなどで画期的な発展を遂げ、1900年代後半を独占した音楽媒体の主流であった[1] 1990年代後半 技術が発展し、MP3が開発され、MP3プレーヤーを通じて大衆が携帯機器一つで楽に音楽を聴くことができる時代が来るとデジタル音源が爆発的に普及し始め、現代に来てPCはもちろんフィーチャーフォンやスマートフォンなどの携帯用 機器の登場とインターネットのようなマスメディアの発展により、人類は本格的にデジタル音源と映像メディアをダウンロードしたり、ストリーミングで楽に音楽を楽しむ時代が来たため、音源市場が主流となったり、アルバム市場は衰退している。。 日本は韓国に比べて音源一曲当たりの価格がかなり高価で、レコード市場の比重が非常に大きいので、まだアルバム市場が多く活性化されている。 音楽放送ランキングでも最も多く反映されるのが音源ストリーミングだ。 通常30〜65%の割合 シェアが高い音源メーカーは利用者数が多く、ファンダム火力だけでは順位アップが容易ではない。 例えばアイドルファンダムの場合、主にファンダムが購入する傾向であるレコードとは異なり、音源は一般大衆が多く利用するため、本物のトップ級や埋もれていた音楽が口コミ、逆走に乗る場合でなければ順位アップが容易ではない。

画像