回答受付が終了しました

ID非公開

2022/1/21 20:40

1212回答

喪中(祖母)の場合って、絶対に神社とか行ったらダメなんですか?

マナー | 葬儀399閲覧

回答(12件)

1

四十九日前だったとしても、別に法律で決まっているわけではありません。気持ちの問題ですから、ご自身の判断でどうぞ。

1人がナイス!しています

1

自分で買った着物で自分で気付けをするなら自分の自由だと思いますが、親の買った着物で親がダメだと言ったらダメです。

画像

1人がナイス!しています

0

喪中に神社に行ってはいけないという決まりはありません 何故なら神社は神道という宗教の建物であり 寺は仏教という宗教の建物ですから それぞれの宗教に元ずく 考えによるルールがあるわけですが 喪中は神道にも仏教にも関係ないからです 喪中は元は道教という教えからきて民間に根付いた慣習であり 神道・仏教という宗教とは何ら関係ありませんから 喪中に神社・仏閣に行ってはいけないという宗教上の決まりは ありません ただし神社は神道ですが 神道では穢れを嫌います 死も穢れの1つであり故人だけでなく近親者にも穢れが 及んでいるとされ穢れのある期間を忌中といいます 忌中期間は故人との関係で異なり最大50日ですが 祖父母は30日ですね この忌中期間は穢れが自分にあり他に穢れを移してしまうので 神事・祭事・神域に入ると穢してしまうので慎むように 言われています 神社参拝は神域に入る事なので忌中期間は神道で避けるべきと なっているので避けた方がいい訳です・・相談者様は30日 忌中期間が明けたら神事・祭事・神域に入るなどは再開しても 大丈夫だと神道で言っているので当然神社参拝も大丈夫です ただ宗教的には大丈夫ですが 慣習の喪中は 喪中はがきに『新年の挨拶を遠慮します』と書いたように 新年の挨拶は遠慮する習わしですよね 初詣=年の初めに初めて神仏にお参りすることなので 新年の挨拶を遠慮しているのに神仏に挨拶に出向くのは 矛盾しているでしょうというのが初詣をしてはいけない派の 考え方です 要は宗教的には問題なくても慣習的には問題あるということです 宗教的には問題ないので慣習を重視するかどうかは 個々の考え方しだいではあります 忌中があけているなら相談者様が決めるなり ご家族に相談してきめればいいかと思います

1

神社では仏事の喪中は気にしません。仏教では49日などと言いますが、神社でそれに近いものが50日になります。 本題ですが身内に不幸があった場合、神社では「服忌」(ぶっき)というもので考えます。「忌」とは故人の祀りに専念する期間、「服」とは故人への哀悼の気持ちを表す期間のことをいいます。神事を控えるべき期間は「忌」にあたり忌中になります。 そしてこの忌中は両親で50日、血縁の祖父母の場合は30日です。 ※地域によって期間が異なる場合があります この期間が過ぎれば普通にお参りできます。 詳しくは「服忌」(ぶっき)で検索してみてください。

1人がナイス!しています

0

とりあえずは49日がすんだら大丈夫と神主さんが言ってたのを聞きました。 私はそれを知らないで鳥居の横から入ってました。気になるなら神社には行って拝まなければいいのではないですか。