ID非公開

2022/1/21 21:13

22回答

各種学校を進路未定(進学先・就職先未定)で卒業したら人生詰むと言われていますが、なぜ日本は空白期間にそんなに厳しいのですか?

就職活動57閲覧

ベストアンサー

0

結局、日本の雇用は「就社」です。入社してから仕事が割り振られ、雇用維持のために異動や転勤もあります。けど、それに従っていれば定年までに2億円以上もらえる可能性が高いです。 米国の雇用は「就職」です。新卒だろうが転職だろうが、特定の仕事の求人を見つけて応募するわけで、卒業後、いつ就職できるかわかりません。新卒で就職しないんじゃなくて、新卒採用がないから就職先が見つからないんです。 https://www.adeccogroup.jp/power-of-work/vistas/adeccos_eye/35/05

その他の回答(1件)

0

アメリカに在住していましたが、勘違いしていますよ。 ハーバードは、超が付くお金持ちを親や親戚に持つ学生が多数在籍する大学ですよね。 むしろ、奨学生以外は、ほぼこれです。 いずれ、親の会社で修行する。 いずれ、親からの融資で起業する。 いずれ、非営利団体を立ち上げる。 これらも、進路未定に含まれますよ。 そもそも、お金があり過ぎて、新卒後に働く必要が無いのですから。 日本のアメリカ並み富裕層の方々も同じかと。 現実を知らな過ぎて、海外に夢を見過ぎかな…。