ID非公開

2022/1/22 9:26

22回答

3月末で仕事を辞めます。5月の誕生日が来たら、年金を受給開始したいです。61才になります。

年金71閲覧

ベストアンサー

1
ID非公開

2022/1/22 14:32

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/1/23 9:14

ありがとうございます。だから、夫は65歳まで、受給しないのですね。 8月が受け取りと知り、驚きました。 2月まで、心積もりができました。62歳からの特別支給も、先日年金事務所で、金額も教えてもらいました。おっしゃる通りですね。母が 65歳まで、働き 大病をしたので、私は早く受給したいです。夫の退職金が 減る一方は、不安で、何とか、2年踏ん張り働きましたが、貯金はできなかったから、仕方ないです。本当にありがとうございました。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

よい、アンサーをいただき、ありがとうございました。

お礼日時:1/23 9:17

その他の回答(1件)

0
ID非公開

2022/1/22 9:56

昭和35年5月生まれは64歳から特別支給の老齢厚生年金が受給出来ます。 受給開始年齢に到達する3カ月前から、基礎年金番号、氏名、生年月日、性別、住所および年金加入記録をあらかじめ印字した「年金請求書(事前送付用)」および年金の請求手続きの案内をがご本人あてに送付されます。 特別支給の老齢厚生年金の支給開始年齢は、生年月日に応じ 65 歳まで段階的に引き上げられていますが、昭和36 年 4 月 1 日以前に生まれた方が 60 歳到達以降、特別支給の老齢厚生年金の支給開始年齢に達する前に、年金請 求を行うことにより、年金額を減額して早めに受給することができます。 下記の請求書を提出すれば、5月からでもいつでも請求できます。 但し61歳からの繰り上げ受給は24%の減額受給で一生減額のままです。 基本的な事ですが、老齢基礎年金も同時に繰り上げするようになります。片方のみ繰り上げ請求は出来ません。 https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/todokesho/rourei/kuriageseikyusho.files/234.pdf

ID非公開

質問者2022/1/23 8:36

お世話になります。 昭和36年生まれです。昨年は年女でした。詳しく、ありがとうございます。