残業についてです。 私の職場は、残業をすると時間外相当の ①賃金取得、または②時間休 を選択し取得出来ます。 ※時間休とは、8時間残業したとしたら8時間の休みが取得出来ることです。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

あと気になる点が一つありますよ かりに代休の拡大解釈運用だとして、残業は事前に予期できるものではないと解すべきなので代休は割増分のみの賃金が発生するのとおなじで時間休でも割増分は支払わなければならないと思います

ThanksImg質問者からのお礼コメント

とても参考になりました。 ありがとうございました。

お礼日時:1/23 23:52

その他の回答(2件)

0

> 時間休ではなく賃金を取得してもらうようにお願いしてもよいものでしょうか。 これについては、記載のような選択制だと、違法性があります。 すなわち、働いた時間外休日労働に対しては、賃金計算期間ごとの支払日に法定の割増賃金満額支払う※。支払ったうえで、代休(時間代休を含む)した分については、賃金控除をする、なお代休するかどうかは労働者の選択にまかせる。 この支払と代休が同月ですと、賃金明細上相殺されたように見えますが、異なる月の代休ですと、払うものを先に※支払わないこと自体、労基法24条37条違反です。

0

大丈夫だと思います。 文句を言われるようであれば、有給と同じように 時間休は業務に支障がない場合に取得できるものとし、支障があると判断した場合は賃金とする みたいな規定を作っておけばいいと思います。 100%とかうらやましい会社ですね。