回答受付が終了しました

ID非公開

2022/1/23 9:24

3131回答

理系なんですが、微分積分、てか数学自体の面白さが全く分かりません、むしろつまらないからやりたくないくらいです。

補足

予想以上に返信をくださる方が多いし、ゆっくり読みながらやってるので遅くなってしまいます!すみせん!

高校数学 | 大学受験1,501閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

回答(31件)

0

数学とは、人間が「自然」を表現する言語と思っています。私達は、ある程度英語や日本語といった「言葉」で感情などを伝えられますが、自然界の現象はそのような「言葉」では表現できません。数学は、人間が作り出した「自然」を精密に表現する言語のひとつです。物理学や化学はその言語の上に成り立っています。微分積分なしに、自然は全く表現できません。大学まで行くとそれが痛いほど理解できます。

1

微積分を使わないのは、まがい物の物理学です 高校の物理では微積分を使ってはいけないと定められているからです 微積分を使ってはいけないので大学受験には出ません したがって、大学に入るともう一度、今度は本物の物理を習いなおします 高校で教える数学は、大学受験を目的に教えます ですから、問題を解くことに特化したまがい物です まがい物の物理と、まがい物の数学で好き嫌いを語っています 大学に進むと、両方の本物に触れる事ができます 物理と数学の融合は美しいです

1人がナイス!しています

1
ID非公開

2022/1/30 9:18

「理系」なら数学が好きとは限らないし、数学が得意とも限らないですね。 得意であれば有利なのは間違いないし、将来的にも数学を使わずに「理系」でできることは極めて限られてくると思います。でも、嫌いなもの、好きなれないものは仕方がないので、他に好きな「理系」科目があるなら、使わざるを得ない「道具」と割り切って今後も付き合っていくといいでしょうか。 「道具」を開発するには数学が好き/得意でないと無理かもしれません。でも、誰かが作った「道具」を必要に迫られて使いこなすだけなら、好き/得意とまではいかなくても、なんとかなるかもしれません。 使いこなせる「道具」の数と種類が多いほど、好きな分野でできることも増えると思うので、高校、大学理系一般レベルぐらいの数学には、辛くても食らいついておいた方がいいと思います。

1人がナイス!しています

ID非公開

2022/1/30 9:51

「使いこなせる「道具」の数と種類が多いほど、好きな分野でできることも増える」と書きましたが、逆にいうと、「道具」の使いこなしを何か一つ諦めると、その度に、自分の未来が一つ削られるぐらいに思ってもらってもいいと思います。私は化学-生化学系の人間ですが、学生時代、理解できず諦めた数学のアレが、今になってこんなに活用されているのか、ちゃんとやっておけばよかった……と思うことは数知れません。

0

この無限かどうか、すらよくわからない宇宙空間の たぐいまれな地球環境で生命が誕生し、進化して、 およそ70数億の人間がくらしています。 その人間が、互いに意思疎通したり それを用いて大自然や人間社会のしくみなどを 記述し考えるために、高度に発達した言語と そして、数学を、使っているのでございます。 それが人間にとって、役にたつかどうか などは言語で表現されますけども どのくらい役にたつかという量や、 どういうしくみで役にたつか、などは 数学を用いないと表現できないのでございます。 牛が3頭あるいていくのと、 そこに石を3つおいておくのと、 火山が3回噴火するのと、 3本のヤシの木と、 ・・・ およそ無限にある3つあるものごとを その多様な側面から見た性質をすべて捨て去り 1対1対応ができる ということだけに着目して、 それに3となづけたのは、人間です。 猿には、工夫して教えると、ある程度わかる らしいけども、それを発見し獲得して用いる ようにはなりません。 ピラミッドを正確につくり畑を測量してきた 古代文明の時期から幾何学はすでにかなりの 成果をあげ、ピタゴラス学派が無理数の存在を 知りつつ、自然数の神秘性をそこなうとして隠して きたあたりは、なんと人間的というか・・・ 必要に応じて、数を増やしてきたのは ほかでもない、わたくしたち人間なのでございます。 産業革命による近代、科学も大きな発展をとげ 蒸気機関車のように、今までにない速さで動く ものをその変化するようすを表現するために 関数がつくられ、急激な変化や、周期的な ものごとなどを、指数関数や三角関数などを 考えだしそれを用いて記述したりなど してきました。 純粋に数学だけ、の世界は、 その、数学を用いて表すための現象のほうが なくても良い世界です。 この大自然や世の中のものごとは、 必ずこうなる、ということはあまりなくて たとえばニュートン力学はある程度の大きさが あって、光速とくらべてある程度小さい速度 の世界では、ぴったり成り立ちますけども その限界もあります。 ・・・ もし、必ずこうなる、というその考えを 前提としてそうなると、仮定すれば、 それと、推移律のように論理学的にかならず そうなるということだけを用いて、 そこから、何がなりたつといえるか、 ということがらの全体、のようなものが 数学です。 現実の世界を表すには役立たないと思われていた 曲った世界での幾何学が、エネルギーや質量と 関係する力によりまがっているこの宇宙を 記述するためにちょうど役にたったりなども、 しています。 ・・・ 数学を学ぶ、ということは それを作り出してきた人間について 学ぶ、ということでもあります。 あなたは、他の生き物ではない 人間として生をうけ、育てられ 知恵袋で質問ができるくらいにしっかりと 成長してこられました。 この質問から、そのあなたが、 自分で数学が好きになれないのはなぜなのかと、 お悩みなのがわかります。 そうであれば、ずばり、そこのところを ご自分で、調べてみるのが良いと思います。 点数をとるための勉強ばかり やっていますと、 できることなら、勉強はあまりしないで 点数だけとれたら良いなあ、 という感覚が生じてしまいがちで、 本当は、わからなかったことが、わかる できなかったことが、できるようになる という、そこのところの、 人間としての大切な喜び、のほうが どこかへ行ってしまいがちです。 他の人より点数が取れるものは やる気が出やすいのですけども そうではない科目だと、 やらなくちゃならない意識が強く なってしまうからです。 そうではなくって、 勉強するのは、実はおもしろいから なのです。 なにせわからなかったことが、わかる 喜びは、もう大変ーな喜びなのでございます。 だから、先に疑問を持ちましょう。 近代科学のはじまり告げる デカルトさんの、われ思うゆえにわれありの すべてを疑ってかかり、それをしている 自分自身の存在は、疑うことができなかった という、そこのところから、 自分がわかったことをもとにして、 わからないことを、ひとつづずあせらず 解明していくために、学ぶのでございますから。 たとえばの話、 数十個くらいのお菓子を数人で、 ぴったり同じ数ずつわける必要があって もし、一個でもちがっていたら だれかが血を見てしまう、という感じの 場面を経験したことがある子どもは 割り算があっというまに計算できる ということのありがたみが、わかります。 そういう、その計算ができる とはつまりどういうことか のところ抜きで、計算だけできるように なるのは、それは、それができてしまう 人にとっては、まあ、かまわないけども それができるのはわかったけども、 だから何。という状態になってしまうと わかればよいけども、 どこかつまづいたりなどしますと、 もうわけがわからなくなってしまうのは そして、勉強したいと思えなくなってしまうのは それは、当たり前のことなのです。 だから、先に疑問を持つことなのです。 ・・・ 何かタイヤのようなまるいものが、 転がっているのを見て、 そのタイヤの一点の動きは どういう線を描くのだろうか、 などと思ったことはありませんか。 例えば、何かが空へ飛んでいくと それが、推進力を失ったら、こんどは どこへ落ちてくるか、知りたいと思いませんか。 そういう、疑問があって はじめてそれを記述する物理学と数学が 役にたつのでございますから、 それなしに、はい次これをやるよー と言われても、なんでそれをやるんだよー。 となってしまうのは、 あたりまえの話でございますからー。 ・・・ 毎日の生活を、大切にしましょう。 まもなく、朝がやってきます。 東の空が明るくなって、それを背景にした 木や建物などの美しさにふれ、 きのうまでいろいろあったけども しっかりと地球が自転していて ほんとうにあけない朝はないんだねー などと、感動することができますから、 どうして、回転が止まらないのだろうと 疑問を持つことも、できるのですから、 ・・・ いままで科学で解明してきたことの すべてを一人の人間のその有限な一生の時間で そのすべてを身につけるのは、その情報の量からみて 不可能な時代になりました。 だから、だれでもわからないことがあります。 だからこそ、人間として生きていて おもしろいのです。すばらしいのです。 そして、人間には、自分がわからないことが あっても、だれかそれがわかる人がいたら それを利用することができる、という性質を 持っています。 そして、それが 勉強なのでございます。 ・・・ これからを生きる若い人を 心より応援しております。 ふぁいとお。

0

数学なんて誰も嫌いです。 周りの人間も数学に一時期憧れてるだけで、大学入ったらくそダルくなります。