オシロスコープって、何をするために使用するのですか?

工学 | DIY1,008閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(18件)

0

私は電子工作はもちろんですが生物実験で生き物の神経の電位変化を見るのにも使っています。

1

テスターではわからない電気をみるために使います。 電気は流れているのに充電できないとかスイッチをいれても動いたり動かないなんて時に事細かにチェックする時や、はたまた自作で電気回路を作成した時にきちんと設計通りに動いているかをモリタリングするのに使います。

1人がナイス!しています

0
ID非公開

2022/1/28 3:36

正弦波を見るためです

0

はじめまして♪ オシロスコープって言っても、目的等により違う機能や特徴を持つ物もありますが、一般的には「電位差」などの「変化」を観測する道具。というリかいで良いと思います。 私個人としては、主にオーディオ関連での範囲が主流なので、個流信号の位相差とかを見たり、単信号の波形で僅かな変化(歪み)を見たり、という範囲になりますが、音声帯域と言われる低周波ではなくて、電波帯の高周波ではまた違った観測にも活用出来る測定機器です。 単に眺める。という効果でも良いですし、本来の測定機器の1つ。として理解した上で眺めるのも良いでしょう。 非常に応用範囲や測定範囲が広い、本格的な「オシロスコープ」は、取扱前提とかも難しく、高度な知識と取扱技量が伴いませんと、正確な測定も出来ませんし、そもそも「測定結果」が見えやすい設定すら出来ない、、、という場合もあります。 私自身は単なるオーディオファンですが、一応は大学時代にチョットだけ勉強したので、、、 ただ、子供の頃から興味を持ったスピーカー工作の経験から、ウン十年となった今では、測定機器の結果だけで、音質(音の質感)は断定出来ない。と思っています。(音の質感、音の色感、音味、、文字で表現するのは、どのようにツタワルのか、、、と思いますが)最終的には音楽を聴いてどのように感動/感銘出来るか、という、感性領域での評価もあるので、このあたりはマダマダ科学的、統計学的な規準だけでは決めつけ出来ないのでしょう。 オシロは、結構細かい部分に着目した場合に、わりとオモシロイ考察のヒントが見つけ出せる場合もあります。 デジタルオシロは、イッパツで大きな部分が直ぐ見つけやすいのですが、美書言うレベルの低Bit領域の変化は見えにくく、かなりの回数を積み重ねたアベレージングが有効に成りますし、アナログ機器の場合は有る程度の測定誤差や限界を理解した上での微小領域や過大領域に関して、経験則からの予測を元にした再測定などでの確認が出来やすかったり、、、という事で、それぞれ一長一短ですね。 所詮は「道具」です。 どのように活用するか、あるいは単に眺める「視覚効果」という物と思うか、はたまた「こんな物、意味が無い」と思うか、、、。 と、言うだけです。 オシロスコープが、ナニカをする物ではありません、観測/測定するのに「活用出来る物」ですから、全く必要性がないと思う人にとっては無用な物です。 乱暴な例えですと、冷蔵庫の室内と室外温度を表示する機能。炊飯器の温度表示とか、、、 一般向けの家電製品であれば、利用条件下内で一定の機能が破棄出来ます。 しかし、細かい部分での効率とか、より良い状況を、、、と言う場合は、可視化出来る測定機能が有った方が。という部分も。 一般的な自動車でも、とりあえずスピードメーターは必要ですが、エンジンの回転数とか、冷却水の水温計、エンジンオイルの油温計とか、あれこれコダワルと吸気や排気の圧力や温度とか、、、各種の測定表示(メーター類)をたくさん付けているのが、多様なレース参加車両で、多く成りますね。 プロレーサーでもなく、ミスが許されないプロオーディオ(ライブ会場の音響スタッフや放送スタッフなどなど)ではない、コンシューマー側であったとしても、「普通は必要がない」という測定表示機能を。という自己満足を満たす「機能」としての需要は充分にあるのです。 機能として「意味が無い」と思う人には、その通り無駄で無用な機能ですし、見た目だけでも、と思う人にはそれなりに、、、本当に獣医横死していて厳密な測定器というう規準を求める人には、しっかり「校正」された高価で定期メンテナンスを続ける本物の「測定器」という方向も、、、 考え方は人それぞれですね♪